第一印象に残りやすい目!輝く大きな目を作るアイメイク術とは?!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.05.15.Wed

皆さんは、初対面で相手のどこを見ますか?初対面で鼻を見る人はいませんし、口を見るという人も聞いたことがありません。やはりまずは相手の目ですよね!そんな目元のメイク、自信はありますか?本日は第一印象で相手に大きな目と印象付ける、そんなアイメイク術をお伝えしていきます。

目元と瞳の関係

目元は、瞳という中心があり、その瞳にはメイクをすることが出来ません。アイメイクというのは、その瞳をどう引き立たせるかで、目の大きさや輝き、印象が決まってくるものだと思います。つまり、瞳が主役だとしたらアイメイクはわき役。わき役がどう輝かせるかで主役の輝き方が違ってくるのです。

立体感を作って大きな目元へ!「アイシャドー」

目元に立体感を作るのにはアイシャドーが欠かせません。アイシャドーは色々な色があり、カラーを楽しむものですが、ここでは立体感を出すことをメインに使います。
アイシャドーは目の奥行きを作り出すことができるため、ナチュラルカラーだけでも十分に奥行きを出すことができます。
より立体感を出すにはパレッドに付いている同系色をグラデーションにのせていくだけで目元の陰影が強調され、瞳が浮き出て、大きな目元に見せる錯覚を起こします。
そしてポイントはパール・ラメ感のあるものをまぶたを閉じた時の瞳部分にのせることで、全体の奥行きが増し、まぶたの凸感を際立たせることが出来ます。
アイシャドーは、立体感を出すほかに、色や質感で表情や雰囲気を変える役割があります。今回は立体感がメインなのでブラウン系がおすすめです。

目力を与える「アイライン」!

目元の大きさを出すのに一番テクニックがいるのがこのアイライン。アイラインで目元に力強さ=目力を出しましょう。ナチュラルに仕上げたい場合はアイラインの色はブラウンがおすすめですが、本日は大きな目元なのでブラックを使用します。ポイントは上下のアイラインを黒目の部分だけ他の部分よりも1~2ミリ程太く描きます。これで黒目が一回り大きく見える錯覚を受け、より大きな瞳に仕上がります。
また、より黒目が際立つポイントは、まつ毛一本一本の根元・キワを埋めること!キワの肌色を消すことで、まつ毛がみっちりと生えているように見え、瞳の大きさがボリュームアップします。目の周りをすべて囲む囲みメイクは目元を包んで小さく見せてしまうのでNG!下ラインは黒目の部分のみ、またはポイントで黒目~目尻のみに留めましょう。

目を360度大きくさせる「マスカラ」!

マスカラをすることにより、まつ毛一本一本の存在感が増して、上下左右にグッと広がるまつ毛は目の存在感・目元の大きさを調整してくれます。目の印象とは、相手から見ると、瞳だけでなくまつ毛の先端までを目元と認識するため、目頭付近から目尻のまつ毛一本一本協調することで360度から一回り大きく演出することができます。可愛らしい目元を目指すならボリュームマスカラ重視、エレガントな目元を目指すならロングマスカラ重視と、マスカラの種類を変えてみてください。
ダマになる部分が多いと余計な黒い塊が目元にチラホラと目立ち、相手から見ると、主役の瞳の焦点が定まらず、目元を小さくさせてしまう恐れが…。マスカラの際はコームを使うなどしてダマが出来ないように工夫すること が大切です。

まとめ

いつもアイメイクの時に何気なく使っているこの3つのアイテムですが、一つ一つポイントを押さえれば3つのいいところが合わさって大きな目元にすることが出来るのです。同じメイクアイテムを使用していても、メイクの仕方一つで大きくもなり、逆に小さくもなります。まるで天と地の差です。アイメイクをマスターして強いまなざしのある瞳を目指してみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/