スキンケアは体の内側から!美肌効果のある食材で輝く肌に!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.05.12.Sun

みなさん、食べるものを選ぶときスキンケアについても意識していますか?どんなに高い美容液や化粧品を使っていても、食生活が荒れていたら効果も上げられません。
やはり、口に入れるものから十分に栄養を取り入れることが、美しい素肌への第一歩です。そこで美肌効果の高い食材を中心にまとめてみたので、ぜひ参考にして下さい。

肌全体のくすみをなくし、透明感のある肌に・・・

ニンジン、かぼちゃ、ピーマン、オレンジ

彩りのよい野菜をたくさん食べなさい、と昔から言われていますがそれにはちゃんと理由が。赤やオレンジの色素が鮮やかなカロチノイドは、肌の色合いを改善する効果があることで知られています。
体内にもっとも効率よく吸収されるには、一価不飽和脂肪(オリーブオイルやアボカドなどに豊富)と一緒に食べること。サラダのドレッシングのベースにはオリーブオイルを使うのがおすすめです。

皺を予防してアンチエイジングには・・・

レンズ豆、枝豆

豆類は良質なタンパク質源としてぜひ積極的に摂りたい食材ですが、皺を予防するという意味では、レンズ豆や日本人におなじみの枝豆がベスト。レンズ豆は普通の野菜スープに加えるだけで美味しく楽しめるし、枝豆はゆでるだけでいつでも簡単スナックに。
枝豆に多く含まれるイソフラボンは肌の弾力を高める効果も。

ニキビ荒れを治したい・・・

未精製(全粒)のパン、パスタ、あるいは玄米など

精製された真っ白なパンやご飯、パスタに馴染んでいませんか?やわらかくて食べやすいと感じるかもしれませんが、じつは精製される過程で自然本来に備わっていた栄養分がかなり削がれてしまっています。オーストラリアの大学の調査では、品質の低い炭水化物(おもに精製されたパンやパスタ)はニキビの原因にもなっていることが指摘されています。
玄米や全粒のパスタやパンなど“白くない”ものを食べるように心がけて。

紫外線のダメージから肌を守りたい・・・

トマト

これから外に出ることも多い季節、紫外線は肌の老化を招く大きな脅威。そのダメージから肌を守るには、抗酸化物質として効果の高いリコピンを豊富に含むトマトを食べるのがベストです。米国の科学者によるリサーチでは、1日55gのトマトペーストを3ヶ月以上にわたり食べ続けた人たちはそうでないグループに比べ、日焼けによる肌のダメージが3割ほど少なかっただけでなく、肌に弾力を与えるコラーゲンの生成レベルが向上したことも認められました。
オリーブオイルで2分ほどトマトを炒めるだけでリコピンの濃度は54%も向上、効率よく摂ることができます。

参考記事:10 Skin-Saving Super Food

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。