化粧で隠せないニキビ・肌荒れを発見したら即改善しよう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.04.29.Mon

にきびや肌荒れで一番気分が下がるのは、シミやそばかすなどと違い、メイクで隠せないこと。にきびを無理やり隠そうとすると余計に化膿してしまったり、全体的に肌荒れしていてはファンデーションがうまく乗らなかったりと、ごまかしがきかない肌トラブル。
いち早く改善に近づけるメイクのポイントや食事方法をご紹介いたします。

にきび・肌荒れに効果的な食事とは?

肌を美しく保つためにはなんといっても内側から改善する食生活が重要です!
タンパク質やビタミンが不足しない食事構成を心掛け、肌に良いビタミンやミネラルをたっぷり摂りましょう。また、油っこい料理、スナック菓子、ナッツ類は肌荒れ、にきびの原因になるので控えましょう。
また、胃腸の調子が良くない時(便秘)も肌荒れを起こしやすくなるため、食物繊維(サラダ・海藻類)を積極的に摂り、腸内環境を整え解消することが改善の鍵!

肌改善のおすすめ食材

皮膚細胞の形成や働きに関与するビタミンA

緑黄色野菜・レバー・うなぎ等
特ににんじんには豊富に含まれています。そして緑黄色野菜の中でもほうれん草はビタミンC、鉄なども豊富に含まれるためおすすめ。

皮膚の抵抗力を高めるビタミンB6

魚・肉
中でもまぐろにはタンパク質、鉄なども含まれるほか、肌の健康に繋がるDHAやEPAも多く含まれておりおすすめ。
他にもバナナには食物繊維やフラクトオリゴ糖なども含まれるため便秘の予防・改善にピッタリです。

皮膚の新陳代謝を促すB2と、亜鉛

魚・肉・納豆/うなぎ・牛肉
特に牛肉のももの部位には亜鉛が豊富に含まれる他、タンパク質・鉄も多く含まれます。

にきびや肌荒れのときのメイク対処法

にきびや吹き出物・肌荒れを起こしているときのメイクは、化粧のりが悪かったり、崩れやすかったり圧迫感を感じやすかったりとメイクで隠そうとしても逆効果ということも。
こんな肌の時のメイクのポイントはオイルフリーの化粧品を使い、余分な油分は加えないこと!

・油分の多い乳液やクリーム・美容液は避けます。
・フェイスパウダーなどの薄づきファンデーションを使用する。
・クリームやリキッドタイプのファンデーションを使用しない。
・帰宅したらすぐにメイクを落として肌負担を少なく。
・洗顔は洗顔料の洗い残しがないようすすぐ。
・殺菌作用のあるローションで水分を補給。

まとめ

にきび・肌荒れをしてしまったときは、化粧品が合わなかった以外では、何か体内が不調(栄養不足・不規則な生活・寝不足・ストレス等)を訴えている証拠。
内側から栄養を与えてあげることが健康な肌へ導く鍵。そして、皮膚を清潔に保つことと、適切なスキンケアが肌荒れの改善を早めるポイントとなります。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/