無理なく「目力アップ!」する3つの方法!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.04.23.Tue

次々と発売される高機能マスカラや、様々な雑誌で紹介される目が大きく見えるメイク術。「目力アップ」は、女子の関心が高いテーマのひとつです。
今回は、定番のメイク術とはちょっと違う角度から、目力アップの方法について考えてみました。

1、まつげエクステの増減で、ボリュームをコントロール

自然にボリュームアップができる、まつげエクステ。月1回くらいのメンテナンスで同じデザインを続ける人が多いようですが、私のおすすめは、状況に合わせて本数を調整すること。普段は、まつげに負担をかけないように控えめにしておいて、大事な約束やイベントの前だけ目元を強調する方法です。
サロンによって考え方や使っている素材が違うので、信頼できる場所を見つけて相談すると良いでしょう。

2、丁寧なケアで、目元全体を明るく魅力的に

しっかりアイメイクで傷まないように、日頃からまつげのケアは丁寧にしましょう。マスカラを優しく落とすのはもちろん、ときには、トリートメント剤を使うなど、一手間加えるのも大切です。
まつげの状態が自分ではよくわからないという場合は、トリートメントメニューがあるサロンで相談して、プロのアドバイスをもらうのも良いと思います。
印象は、目元の肌の状態にも左右されるので、クマやくすみが出ないようなケアも心がけましょう。

3、大切な時だけ、相手をしっかり見つめて印象づける

丁寧なケアにメイクやエクステなどを加えて、基本の目力アップができたら、次は、相手の「見つめ方」を工夫してみましょう。
目力があると思われたいからといって、いつもキッと見つめていては、ただの怖い人になってしまいます。普段は優しい表情や柔らかな視線を心がけ、印象付けたい時だけ、目力を意識して相手をしっかりと見つめましょう。目を合わせた後、もう一段階、まぶたを持ち上げ、目の奥に力を込めるイメージです。
いつもとのギャップで、相手をハッとさせられるかもしれませんよ。

目力アップのポイントは、日頃のケアなどの「基本」に、エクステや見つめ方などで強弱をつける「応用」を加えることです。
メリハリをつけつつ上手に組み合わせて、自然なのに印象的な目力を目指したいですね。

1304237topii

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

吉戸 三貴(よしど みき)

コミュニケーションスタイリスト。パリ留学、美ら海水族館広報、PRプランナーなどを経て、表参道で起業。ブランドPRや女性の悩み相談など、様々なコミュニケーションの課題解決をサポートしている。得意分野は、コミュニケーション(恋愛・仕事)、働く女性、ライフスタイル、仕事術など。
著書 『心に残る人になる たった1つの工夫「ありがとう」の手書き習慣』