年齢にとらわれないでいつまでも“いい女”でいるために気をつけたいこと

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.04.25.Thu

女性としての魅力はただ若ければいい、というものでもないと思います。生きている限り年をとるのですから、せっかくなら年々魅力を増していくようになりたいもの。実際、アラフォー年代でも自然体で若いころよりきれいになっている人も多くなってきています。そこで、“いい女”であるために気をつけたいことの数々をまとめまてみました。

自然の中に身をおく、エクササイズをする

ケータイやパソコン、テレビ…人工物に囲まれて過ごすより、自然の中に身をおいてそのエネルギーを吸収しましょう。日ごろのストレスから開放されて、よりリラックスすることができるはずです。これからの季節、森林浴やサイクリングに出かけるにもいい時期。アウトドアでおもいっきり汗を流すと、不思議なくらい普段のイライラや切迫感から開放され、爽快感に満たされるはずです。

人的ネットワークを充実させる

恋人やパートナーの有無に関わらず、これまでに作ってきた人間関係を深めたり、また新しい人的ネットワークを積極的に開拓しましょう。家族以外にも、気のおけない友人や趣味を共有し合える友だち、いろんな交流関係が充実している人は、どんどん新たに人を惹きつける強力なマグネット的存在となります。

自分のセクシャルな魅力を見逃さない

いくつになっても自分が“セクシー”だと意識することは、女として若さを保つ秘訣でもあります。ときには体のラインがあらわなドレスを着こなしたり、セクシーなランジェリーで気分を盛り上げて。恋人や夫がいなくてもそうした意識を忘れないようにしましょう。自分でそうしたムードアップを図らないと、気分的に“枯れて”しまうのは簡単で早いもの、気をつけましょう。
またいかにもセクシーなラテン系ダンスやベリーダンスを習うのもひとつの手段、セクシーながら締まった体を手に入れることができます。

体内にとりこむ“毒素”を最小限にする

体の内側からきれいを維持するには、デトックスを実践すること。まず基本は、“体に悪いものは食べない、飲まない”というシンプルなこと。カフェイン、糖分、アルコール、加工食品は極力避けて。そのかわり、緑黄野菜をたくさん食べ、水をもっと飲むようにしましょう。また食事にハーブやスパイス(ターメリックなど)を活用し、自然由来の味つけを楽しめるようになるのも大事です。体内から毒素が減り、クリーンになると、肌や髪にも自然とツヤと張りが蘇ります。
高額な化粧品やコスメグッズに頼る前に、まず自分の力できれいを取り戻す努力を忘れないようにしてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。