美白を目指すなら成分を勉強しておこう!フラーレン、APPS、トラネキサム酸、あなたは知っていますか?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
三谷アイ

Written by:

スポンサード

いよいよ本格的な美白シーズンに入りましたね。みなさんが使っている美白アイテムには、どの美白有効成分が配合されていますか?手持ちのアイテムの成分表示をチェックしてみましょう!今回はフラーレン、APPS、トラネキサム酸、ハイドロキノンなど、どの成分がどのような働きをするのか勉強しておきましょう。

美白有効成分とは

「美白有効成分」とは、各メーカーやブランドが医薬部外品に配合する成分のうち、厚生労働省が「メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ」、もしくはこれに似た効能を表示することが認めた成分のことです。

フラーレン

ノーベル化学賞受賞成分としても知られているフラーレン。シミの原因となるメラニンの過剰な生成をストップ。さらに活性酸素を吸収、無害化する抗酸化成分でもあります。活性酸素は老化の原因になるため、美白かつアンチエイジングケアを考えている方にオススメです。

APPS

高浸透型ビタミンC誘導体、「アプリシエ」。進化型ビタミンCとも言われ、その浸透力は従来のビタミンCの100倍。即効性と浸透性が非常に高く、毛穴の目立ちや肌荒れなど、肌全体のトラブルをカバーしてくれる期待の成分。

トラネキサム酸

人工合成されたアミノ酸のこと。国内では「トランサミン」という名前でも販売されています。色素沈着抑制の効果があり、シミの元となるメラニン生成を阻止。肝斑のTVCMでも知っている方が多いのでは?

ハイドロキノン

「肌の漂白剤」と呼ばれるほど、色素沈着に高い効果が期待される成分。ピンポイントで消したいシミがある人にオススメ。一般的なシミからニキビ跡の赤みや虫さされ、ヤケドのあと、そばかすなどにも効果を発揮。

もちろん、このほかにも美白有効成分があります。自分が叶えたい美白を目指すにはどの成分がいいのか、しっかりチェックしてみましょう。

イチオシはオールラウンダーのAPPS!

上の成分の中でオススメしたいのがAPPS。美白にはもちろん、白ニキビや炎症が進んだ赤ニキビ、ニキビ跡にまで効果が期待できます。ニキビ跡が薄くなれば、美白肌にまた一歩近づけますね。肌トラブルにオールラウンダーに働いてくれるAPPSは、美白を目指すならばまず取り入れたい成分です。

APPS配合入りの化粧水「プリモディーネ」

APPS入りの化粧水と言えば、「プリモディーネ シーバムコントロールVCローション」です。色からしても、まさにビタミンC!という黄色をしています。もちろん、肌の上に乗せたらすぐ浸透し、この黄色は肌に残らないので安心してくださいね。

サラっとした液体で、スルッと肌に入っていきます。その浸透力と即効性はまさに女性の味方!
ベタつきは全くないので、洗顔後の肌の気になる部分にたっぷりつけてくださいね。個人な経験からですが、もったいないからと少なめにつけるより、たっぷり使ったほうが、効果が現れるのが早いと思います。

美白有効成分を上手にスキンケアに取り入れ、美白肌を目指しましょう!

【参考】
プリモディーネ シーバムコントロールVCローション お試しセット

記事を書いたのはこの人

Written by

三谷アイ

社会学部社会学科出身、社会調査士。
ライターや編集業など。Cafe Googirlの運営にも一部参加。
美容、コスメレビューなどが得意、好きなジャンル。
アニメとマンガと音楽と演劇のチェックに勤しみながら、
現在愛知を拠点に大阪と富山でもふらふらしている。

URL:http://plustic.under.jp/iware/