サーモンは美人を作る!IKKOさんも語る「おいしく食べてアンチエイジング」その秘訣とは?!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.03.12.Tue

アンチエイジングに効果的なサプリや健康食品はたくさんあるけれど、「美容に効く!」と言われても、おいしくなければ続かないのが正直なところ。おなじみサーモンは「スーパーアンチエイジングフード」と言われるほど、健康、美容に効果が高い食材です。そんなサーモンの魅力に迫ってみました。

サーモンが美容に効く理由

強力な抗酸化作用

サーモンは実は白身の魚。サーモンを赤くしている「アスタキサンチン」は、細胞を傷つけ、老化を促す活性酸素を消す高い効果があります。
鮭が産卵時に川を上る際、紫外線を浴びて活性酸素が発生します。この時、鮭のアスタキサンチンが活性酸素を取り除き、鮭の身を守るのだそうです。シミ、シワ、たるみに効くほか、肥満解消作用も。

肌の引き締め効果

サーモンには「DMAE」という成分が含まれています。これは神経機能を刺激して肌を引き締める作用があります。たるんだ肌を引き締めることで女子のお悩み「ほうれい線」にも強力にアタック!

豊富な「オメガ3」

サーモンに含まれる、人間が作ることのできない必須脂肪酸「オメガ3」。サバやイワシなどにも含まれ、これらをよく食べるカナダの先住民族には、ガンや自己免疫性疾患にかかる人はほとんどいないのだとか。
アトピー・喘息、はたまたガンに至るまで、「炎症」が関係する多くの病気が起こるのは、オメガ3が不足しているからだと推測されています。

塩焼きだけじゃない!おいしく食べられるサーモンとは?

このように、女子のお悩みに高い効果のあるサーモンですが、いざ毎日の食事に取り入れるとき、意外に困るのが調理法。シンプルに焼いて食べるか、ホイル焼きなどがよくある調理法ですよね。おいしくても、それだけだと飽きてしまいそう…。
デニーズでは、そんな声と”健康と美容メニュー”のニーズに応えるべく 新メニュー「サーモンバーグ」を開発しました。ハンバーグと言っても、今までのすり身風のものとは違い、銀鮭をダイスカットして使うことでサーモンの食感を生かし、こちらも注目の美容食材「塩麹」をプラスすることでサーモンのタンパク質がアミノ酸に変わり、さらなるおいしさを生み出すことに成功しているのだそう。

ふんわり食感のハンバーグはラタトゥイユ&トマトソースで仕上げた「サーモンバーグのイタリアンプレート」や、シンプルなおろしポン酢でいただく「彩サーモンバーグ膳~さっぱりおろしポン酢」をはじめ、薬膳スープご飯、ロコモコなど、サーモンを新鮮に味わえるメニューを多数展開。どんなテイストでもおいしく食べられそう。
多彩なメニューは気になるカロリーもお肉のハンバーグに比べて控えめです。

デニーズHPでは、美のスペシャリストIKKOさんと、美容栄養アドバイザー 『石坂優子』さんが、
「食」&「美」について語りつくす『「食」から「美」を考える対談』を掲載中。IKKOさん も、「美と食ってつながっているから、食べて満足感が得られる食事って心はもちろん、体にもいいと思う。」と語っているとおり、味気ないサプリで栄養を摂るより、舌はもちろん、目にも心にもおいしいメニューならサーモンの美容効果をもっと効果的に吸収できるかも。
「こんな食べ方もあるんだ」驚きのおいしさをデニーズで実感してみては?

美のカリスマ IKKOx美容栄養アドバイザー 石坂優子 -「食」から「美」を考える対談

1303133topii

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019