冷え性女子必見!いま注目の「ハマム浴」で身体の芯から温めてきたよ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.03.11.Mon

女子の悩みとしてよく挙げられる、慢性的な冷え性。様々なことに取り組んでみるものの、なかなかよくならない……と困っている人も少なくありません。筆者も長年に渡って冷え性のため、常に改善方法を探しているのですが、最近になって発見したのが「ハマム浴」。

「ハマム浴」とは

あまり聞き慣れない「ハマム浴」とは、イスラムの伝統的なスチーム風呂のこと。いまでもトルコには、石造りのドームのある建物が、公衆の蒸し風呂として存在しています。大理石でつくられた内装の室内には、蒸気が満たされ、ハマム浴名物ともいえる、あかすりとマッサージを受ける観光客も多いそう。

ハマム浴に行ってきました

先日、あまりにも冷えがひどかったので、そんな歴史的なハマム浴が、現代ふうにアレンジされて体験できるサロン「JANNA」に足を運んでみました。岩盤浴やサウナとはまた異なるものです。何が違うのかレポートしたいと思います。

訪れたのは、JANNA恵比寿店。モロッコテイストな店内にうっとりします。到着後は、簡単なカウンセリングシートを記入します。温かいハーブティーをいただいてから、ハマム浴スタートです。JANNAにはハマム浴以外にも、アロマトリートメントやボディケア、リフレクソロジーなどのメニューがありました。
ハマム浴と組み合わせることもできます。トリートメント前にハマム浴をすると、お肌へのオイルの浸透効果が高まり、トリートメント後にハマム浴をすると、老廃物がより排出されやすくなるそうですよ。

今回筆者が選んだのは「ハマム浴式スチームベッド」(30分3,150円/40分4,200円)の30分コース。個室に入ると、ハマム浴のスタイルを用いた木の葉型のスチームベッドが設置されていました。
用意されたルームウェアに着替えてベッドに寝転んでみると、草で編まれてできたようなやわらかいベッドの感覚が心地良かったです。ベッドの下からはミックスされた10種類もの天然ハーブの蒸気が出てきます。全身にタオルをかぶせることで、ハーブの蒸気が身体全体を蒸してくれます。

ここで30分間横になっているだけで、心地よく汗を流せます。5分ほど経つと身体の表面が温かくなり、10分ほど経った頃には、身体の奥からじんわりと温もる感覚に。20分ほど経過した頃には、身体が完全にぽかぽかしていました。それなのに、出てくる汗はさらさらしていて、終わったあとも不快さはまったく感じませんでした。
ちなみに、ハーブには老廃物排出効果のあるライム、冷え性解消や新陳代謝アップ効果のあるジンジャー、発汗作用のあるナツメグやシナモンなどが含まれ、キレイになれる要素ばかりなのも嬉しいですね。

まとめ

継続して定期的に通うことで、身体を温めて老廃物を排出し、冷え性改善のほか、肌質改善やストレス解消、ダイエットにもつながります。1~2週間に1度通う女子も多いのだとか。顔にはあまり汗をかかないので、メークが落ちすぎる心配もありません。会社帰りにもサクッと通えそう。
筆者は普段、超がつくほどの冷え性体質なのですが、ハマム浴を体験した日は手足の末端まで、ずっとぽかぽかしていて、顔色も良かったです。冷え性に悩む女子は、1度体験してみてはいかがでしょうか?

ジャンナJANNA

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子