見た目年齢は顔じゃなく髪の毛だった?!もっと髪について知って労わろう!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.03.14.Thu

皆さんは、見た目年齢は何で決まると思いますか?
その答えは『髪の毛』!
年齢と共に、皆さんエイジングケアをされている方も多いと思います。しかし、髪に関してはどうでしょうか?案外、毎日の洗髪で満足していてそれほどケアをしていないのでは?
女性は30代を境に、40代50代にかけて、髪の毛が急激に細く、そして少なくなりなり、髪のハリ・コシの低下、全体のボリュームの低下を招く場合があります。
髪のボリュームがあるのとないのとでは女性は5歳の差、男性では10歳の差が出るとも言われています。これは手を加え健康な髪を保ちたいものです。

髪のピークを知って自覚しよう!

女性の髪の毛の太さのピークは30代前半で、40代前半から細くなっていきます。本数のピークは20代で、30代には急激に減少していきます。
これを知ると『私はまだ20代だから大丈夫!』という訳にはいきませんよね、だってその今がピークなのですから。20代の方はケアを開始し時だと言えます。30代の方はすぐにケアを始めましょう。ちなみに、男性に関しては女性よりも老化が早く、男性の髪の太さのピークは20歳前後、女性よりも急激に薄毛になります。ぜひ旦那さんや彼と一緒にケアを始めるのも良いかもしれませんね。

老化に伴う薄毛の原因!

薄毛の原因の一つに、血流量の低下が挙げられます。それは、髪に届く栄養が減るためです。髪はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されているため、タンパク質をしっかりと摂ることが今回のカギ!
食材では、鶏肉、魚、チーズ、卵、赤身肉、豆類、ほうれん草、インゲン、ブロッコリー等の緑黄色野菜、ナッツ、種子、アプリコットなどのドライフルーツなどが効果的。
ちなみに、髪のためにサプリメントを飲むなら『プラセンタ』が良いでしょう。胎盤に含まれる有効成分で、血流を高める働きがあります。食べ物から摂れないのでサプリメントで補給するのがおすすめです。
逆に、できるだけ控えめにしたい食材は、動物性脂肪食品、嗜好品、香辛料。

また、頭皮を両手で触ってみてください。きちんと頭皮が動きますか?
実は、頭皮がカチカチに固まっている・凝っていると血流も悪くなり、もちろん栄養も髪に行き届かなくなり、抜け毛・薄毛の原因になるほか、『頭皮が1㎝たるむと顔も1㎝たるむ』程、頭皮の柔らかさには重要なアンチエイジングが詰まっているのです。
シャンプーのときに洗いながら頭皮をマッサージしたり、柔らかいブラシで髪の毛をゆっくりとかすだけでもマッサージ効果があり効果的です。

見た目年齢を若々しくするなら、顔よりもまずは髪の毛を。そのためには、髪の毛に栄養を届けること!そのためにはタンパク質を摂り、血流量を良くし、頭皮のマッサージで血流を良くすることが大切です。まずは一か月間、頑張って続けてみてください。髪の周期と共に効果が出てくる場合が多く、髪のハリ・コシやボリュームの改善を実感していただけるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/