たっぷりビタミンで、インナービューティーに!グリーンスムージーをもっと極める方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.03.02.Sat

“グリーンスムージー”という言葉はすっかり定着したようです。ほうれん草や小松菜などの葉物野菜とお好みのフルーツをプラスして、ミキサーで混ぜるだけ。飲みやすく、栄養価も高い理想的な朝のドリンクと言えます。そのグリーンスムージーですが、いつもながらの定番の味ではだんだん飽きてきてしまうはず、そこでもっと極める方法についてご紹介したいと思います。
材料は基本的に緑の野菜であれば、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどの栄養素が豊富なのでOK、でもほかにも以下のような野菜を使うことができますよ。

グリーンスムージー初心者はまず、ほうれん草やパセリなどマイルドな味でも栄養満点の野菜からトライしてみてください。味に慣れてきたら、ケールやルッコラ、クレソンといった風味の強いものにもチャレンジしてみましょう。

キュウリ

ケイ素などの栄養素がつまっており、髪や爪を健やかに保つのに効果があります。

セロリ

植物繊維の豊富なセロリ、体内の毒素を排出するデトックス効果を高めます。

パセリ

カルシウムやビタミンCなど特に女性としてきちんと摂っておきたい栄養素がたくさん、副腎の働きを助けます。

さらに合わせるフルーツですが、組み合わせの良し悪しがあります。気をつけてみましょう。

グリーンスムージーに合わせたいフルーツ

ブルーベリー、ラズベリー、アップル、レモンやライム

避けるべきフルーツ

パパイヤ、バナナ、マンゴー、ストロベリー
(これらのフルーツは個性が強く、グリーンスムージーの風味を損なってしまうことがあります)
スイカ、マスクメロン、ハニーデューメロン

いつものグリーンスムージーにちょっと変化をつけたいときは。。

  • レモンやライムを加えると、酸味によって葉物野菜の苦味が緩和され食べやすくなります。
  • 甘みをプラスしたいときは、リンゴ、ニンジン、ビートルートといった野菜を加えてみましょう。
  • ハーブやスパイスを加えて、味に変化をつけることもできます。
    ハーブなら、、バジル、オレガノ、ペパーミント、スペアミント(必ず新鮮なものを使って)
    スパイスなら、シナモンパウダーや新鮮な生姜を刻んだものを試してみて。

ちなみにグリーンスムージーといいつつ、フルーツの分量が多くなると糖分を摂りすぎてしまう可能性があります。あくまで主役は緑の野菜。材料の8割は緑のものにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。