美人は口元で決まる!キュートな唇を作るケア&メイク

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.03.27.Wed

唇はぷっくりつやつやしていればOK!ということで「唇はグロスオンリー」という女子も多いかもしれません。さっと塗れてツヤツヤになるグロスは可愛いですが、唇にもっと気を配ることで顔全体の印象は激変します。リップケアやタイプ別口紅を駆使して、新しい顔を探してみませんか?

顔は唇で変わります!

目元のケアやメイクには熱心だけど唇はそんなに…という人も多いのですが、女子の顔の印象を握っているのは唇。みんなが嫌うほうれい線までも含めて、唇、口周りのケアが行き届いているとそれだけで清潔感、Happy感がアップ。タテじわや皮むけがなくつるんとして、ふっくらした唇はそれだけでキュートなんです。
口角が緩んでいる、唇が薄い、分厚すぎる…などの悩みも、きちんとケアして丁寧にメイクすれば見違えるはず。サングラスなどで目元が隠れていても、キレイな口元の人は美人だとはっきりわかりますよね。適当にメイクしていてはもったいないパーツなのです。

ケア&仕込み

カサカサ唇はどんな可愛い顔だちの女子も不幸に、貧相に見せます。リップバームなどで保湿するのは基本。夏に限らず唇も日焼けするので、デイタイムは特に日焼け止め効果のあるリップバームをチョイスしたいですね。また、リップメイクをきちんと落としきれなかったり、ゴシゴシこすって落とすのは色素沈着のモト。ポイントメイク用リムーバーで口角まできっちりメイクオフする習慣をつけましょう。
すでに起きている色素沈着が悩みなら、「ガスール」も効果大です。筆者は顔にパックするついでに唇にも乗せていたら、くすんだ唇が健康的なピンクに回復しました!健康な唇が復活したら、リップペンシル、コンシーラーなどで口角や輪郭を修正するひと手間をかけることで、あとから乗せる口紅がより効果的に。

タイプ別口紅

グロスの透け感、ツヤ感は捨てがたい、という人はリキッドルージュから口紅デビューしてみましょう。リキッドルージュはやわらかなツヤ感を持ちつつグロスより発色がよく、口紅になじみがなくても取り入れやすいです。スティックタイプのいわゆる口紅は、グロスほど厚みのあるツヤ感はありませんが、発色、落ちにくさ、フィット感が快適。風の強い春先でも、風に吹かれた髪の毛が唇にべったり!なんてこともありません。
デートや食事のときはティントリップ、いわゆる「色つきリップ」もおススメ。グラスにつきにくく、さっと塗りなおしても失敗知らず。また、男子をひるませるテカテカ感ではなくさらりとしたツヤですし、男子に不快なべたつきを感じさせることもありません。どのアイテムも、じか塗り、指にとってポンポンとスタンプ塗り、リップラインの有無やラインと口紅の順番などでニュアンスが変化します。

リップケア&メイクグッズは日々進歩しています。敬遠しないでいろいろなタイプのものを試すことで顔全体のキレイが底上げされるかも?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019