こうなったら女子力ゼロ!プリン頭を回避する3つの方法

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2013.02.26.Tue

今年の春夏も、やっぱり気になるのは明るめのヘアカラー。軽くて優しげな髪色は、女の子らしさも満点です。でも、明るいカラーにすると、髪が伸びた時の髪色の差、いわゆる「プリン」が気になりますよね。カラーの持ちを良くするヘアケア剤などはたくさんありますが、プリンだけはどうにも避けられない問題。
とはいえ、月イチでカラーをするのも、お財布に厳しいものがあります。そこで、プリンが目立ちにくくなる方法をご紹介!

グラデーションカラーにする

流行のグラデーションカラーを取り入れれば、オシャレさと共に、プリンを目立ちにくくすることも可能になっちゃいます。
グラデカラーと聞くと、「金髪に毛先がピンク」とか「アッシュ系パープルグラデ」といった派手すぎるものをイメージするかもしれませんが、頭頂部はダークブラウンで毛先にかけて少しずつ明るくするような、ナチュラル系のグラデーションカラーもたくさんあります。美容室で相談してみましょう。

分け目を作らない

プリンが一番目立つのは、髪の分け目部分。髪の毛がピシっと分かれていればいるほど、プリンもクッキリ見えてしまいますので、なるべく分け目の無い髪形にして、プリンを目立ちにくくしましょう。分け目を作らずつむじから下ろすような髪型などがオススメ。

根元に立ち上がりをつける

プリンとは、髪が伸びた部分(生え際)の事を指しているわけです。生え際の髪がペタっと寝てしまっていると、色の差がダイレクトに目に付いてしまいますが、生え際の髪がふわっと立ち上がっていれば、視覚の効果も相まって、プリンの部分が目立ちにくくなります。
ワックスなどを揉みこんで根元にボリュームを持たせたり、逆毛を立てるなどして、根元を立ち上げるようにセットをすると良いです。

プリンのまま放置しておくのは嫌だけど、頻繁にサロンでカラーをする余裕もないし・・・。とお悩みの皆さんは、是非試してみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。