寒いからって首周り、隠してない?女子力UPのヒケツ♪『スッキリ、デコルテ魅せ』4つのコツ!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
西村華奈穂

Written by:

2013.02.07.Thu

寒い毎日。朝の出勤時、帰宅時間を考えると、首回りが暖かいタートルネックのニットやモコモコマフラーが手放せないのでは?
でもちょっと待って!!女子力UPのヒケツ。筆者は《デコルテ魅せ》にあるのではと日々感じています。
※あえて『見せ』ではなく『魅せ』と言わせて頂きたい!今回はデコルテ魅せで女子力UPのコツをお伝えしていきたいと思います。

首周り、デコルテ周りを隠すデメリットは?

もちろん、真冬なわけですから毎日毎日肌見せするような服装をする必要はありませんよね。
ですが、『隠すとその部分が太る』なんて言葉が。例えば、足や二の腕といったところは隠すことで=油断し太りやすくなる。とも言われています。
首回り、デコルテ周りを隠すのもまさに同じこと。「どうせ隠れてるからいいや!」で冬の期間隠されている首~デコルテラインはどんどん人目にさらされなくなり油断してきます。すると、例えばちょっと太った時に二重あごになってしまってた!なんてことにも気付きずらく?
つまり、自分自身のスタイルチェックの目も甘くなりやすくなる、ということです。

デコルテラインは首、鎖骨、バストラインまで続く女性のスタイルの重要な美しい箇所。ぜひここのケアも冬の期間していきましょう!

デコルテを美しく魅せるコツは?

1)自分のデコルテ周りが美しく見える洋服のデザインを知る

まずは隠していたデコルテラインがしっかり出るようなVラインのトップスや丸襟でも少し深めで鎖骨が見えるようなご自身のネックラインが綺麗に見えるデザインを知る所からはじめてみてはいかがでしょう。
この冬はあまり深めの丸襟より、浅めの丸襟が流行だったので見つかりずらいかもしれませんが、春からは少しずつそういったデコルテ魅せに適したデザインも出始めていますよ!

2)首回り、鎖骨周りまでしっかり化粧水や乳液でケア

アゴ辺りまででなく、首~鎖骨にかけて少しリンパマッサージをするような感覚で化粧水、乳液などでケアをしてみましょう。毎日行うことで、自然と首をすっと伸ばしていく姿勢も変わってきたりします。

3)お気に入りのネックレスをしてみる

デコルテのケアが出来たら、ぜひネックレスを。女性らしさも一段と引き立つはずです。

4)ラメ感のあるパウダーをつける

鎖骨やデコルテ、首回りにラメ感のあるパウダーを一振り。>br/>この時、(3)の化粧水、乳液でケアした後にするとコートやマフラーなどで多少こすっても、しっかり肌に密着して取れずらいはずです。ツヤ感もUPして、パーティーシーンなどでのドレスアップにもオススメです。

まとめ

デコルテのケアは意外と簡単に結果が出やすいように思います。お風呂の中などでのリンパマッサージ、フェイスラインをしたらぜひそのまま首~鎖骨とデコルテケアにも挑戦してみてください。
春になるころには、スッキリとした首回りで美しく仕上がってるはずですよ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

西村華奈穂

西村華奈穂(にしむらかなほ)
フリーアナウンサー・ボイスアクター。
進撃の巨人製作発表記者会見MCやラジオパーソナリティ、ゲームなど
声のプロフェッショナルとして活動。
モデル出身の経験を生かし、美ウォーキング講師として指導するなど、わくわくするライフスタイルのスパイス作りも得意。
 HP:http://www.kanaho-web.com
 Twitter:@_kanapo