つけまつ毛だけに頼らない!自然に長くみえるまつ毛ケアのコツ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Waxy

Written by:

2013.01.03.Thu

メイクで顔の印象をもっとも左右するのは、やはり目。そしてまつ毛をいかに長く、濃く見せるか、ということが成功のカギを握っています。
もちろんつけまつ毛もいいですが、“いかにも”という感じにもなりやすく、かえってひいてしまうという男性陣の意見もよくききます。やりすぎ感を出さないためにも、やはり自分のまつ毛そのものをケアして、健やかで長いまつ毛にするのがもっとも効果的といえそう。そこで、まつ毛ケアのコツをまとめてみました。ぜひ実践してみてください!

コツ1:ナチュラルオイルをつけて栄養をおぎなう!

髪と同じようにまつ毛もナチュラルオイルによって水分や栄養分を補給してあげると、強くコシのある繊維となります。アーモンドオイルやビタミンEオイルを夜寝る前にまつ毛につけてみましょう。1ヵ月後にはまつ毛の長さが目に見えて変わっているはずです。

コツ2:ワセリンをまつ毛に使う。

乾燥肌への保湿用に昔から愛用されているワセリン。ワセリンをまつ毛にぬることでも、ナチュラルオイルと同様の効果が認められます。寝る前にワセリンをまつ毛につけてみてください。また、一晩おくことに抵抗がある人はまずワセリンをぬって10分から15分ほどおいて様子をみましょう。定期的にワセリンをまつ毛につけるようにすると、効果がはっきりでてきますよ。

コツ3:良質なタンパク質をとる食生活にする。

長いまつ毛を手に入れたい人は、食生活も気をつけるべき。まつ毛の細胞を作り出すタンパク質をしっかり摂るように心がけて。具体的には、オメガ3脂肪酸やビタミンB5などの栄養素が豊富な食材を食べることです。また、ビオチンという栄養素のサプリメントを週1のペースでとることもおすすめです。

具体的には、、

オメガ3脂肪酸の豊富な食材

  • 青魚(さば、まぐろ、いわし、さんま、さけ、にしんなど)
  • くるみ
  • ごま油
  • 豆類

ビタミンB5の豊富な食材

  • 大豆、納豆、インゲン豆
  • アボカド
  • 牛乳

ほかにビタミンAやビタミンEを含む食材も役立ちます。

つけまつ毛、マスカラはたしかに一目で見た目にボリューム感を出せて便利。ただし、まつ毛自体への負担も大きいことも忘れないで。
つけまつ毛は気合をいれたいときだけ、普段は自分のまつ毛でも十分かわいく見える、そんなふうになれるようしっかりケアしてあげましょう。

参考記事:5 Ways to Make Eyelashes Longer

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Waxy

南半球オーストラリアから世の動きを眺めています。
ガーデニング好きで、イチゴ栽培が特にお気に入り。