美肌の大敵!「冷え性」を和らげる5つの作戦

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2013.01.29.Tue

冬のこの時期、顔色の悪さや肌のくすみを感じている女子の皆さん、実は「冷え性」ではありませんか?
実はそれらの症状には、冷え性が関係していることが多いのだそう。つまり、美肌になりたい人が第一に取り組むべきことは、冷え性改善なのです。

そもそも冷え性とは?

冷え性とは血液の循環が悪く、体のすみずみまで血液や栄養が行き届かない症状を指します。水分の排出が上手くできないため、顔や脚などがむくみやすくなることも。他にも顔は熱いのに手足が冷たい、お風呂に入ってもすぐに手足が冷える、頑固な肩凝りがある、便秘がち、目の下にクマができやすいといった症状がある人も冷え性の可能性大です。

目指せ冷え性改善!5つの作戦

1、朝食をとる

近年、朝食を摂らない人も多いようですね。しかし朝食を抜いてしまうと、体温が上がらず血流が悪いまま冷えた身体で、終日過ごしてしまうことになります。糖分を摂取できる炭水化物、身体を温めるお味噌汁など、シンプルなメニューでいいので朝食を習慣付けましょう。

2、温かい食事をとる

熱いものを食べて内側から身体を温めましょう。この季節には鍋が手軽でおすすめですが、特にカプサイシンを含むキムチ鍋は、アドレナリンを放出させることで、代謝UPと血行促進が期待できますよ。また野菜をいただくときも、冷たいサラダなどではなく、温かい煮物などにすると良いでしょう。

3、温かい飲み物をとる

色の濃い飲み物は体を温め、逆に色の薄い飲み物は体を冷やす働きがあります。紅茶や烏龍茶、赤ワイン、日本酒などは飲むと身体が温まり、コーヒーや緑茶、牛乳、清涼飲料水、水、白ワイン、ウイスキーは身体を冷やしてしまいます。

4、お風呂に浸かる

面倒だからという理由でシャワーだけで過ごしている人は、湯船に浸かる習慣を見直していただきたいもの。ただ浸かるだけでも良いですが「日本酒」をお風呂に入れるのもおすすめです。日本酒に含まれる成分のアセトアルデヒドが、身体中の血管を広げて血流がアップします。血行が良くなるので、結果的に冷えだけではなく、むくみ改善にもつながるでしょう。

5、ツボ押し

イタ気持ちいい程度のツボ押しも効果があります。脚の内側のくるぶしから指4本を当てて、4本目の指のすぐ上にある三陰交(さんいんこう)を押してみましょう。次第にぽかぽかと温まってきます。

簡単なことから取り組んでみて、冷え性とバイバイし、輝く美肌を手に入れましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子