顔より年齢が出る!?大人女子のアンチエイジング・ハンドケア

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2013.01.31.Thu

北風が肌身にしみる季節。顔の保湿ケアは万全でも、一年中外気にさらされる手は荒れがち…という人も多いのでは?「年齢は手に出る」といわれるように、手元は結構見られています。リングやネイルの映える年齢不詳の美しい手を作るケアをまとめました。

手を洗ったらきちんとタオルドライ&保湿!

手を洗った後、水分が手に残っていると乾燥の原因になります。毎回ハンドタオルで拭き残しのないようにこすらずやさしくふき取りましょう。トイレなどでは、温風で手を乾かす「ジェットタオル」が設置されていることもありますが、手に水気は残らないけれど風で乾かす際に肌の水分まで奪ってしまいます。ハンカチやハンドタオルを持っていれば使う必要のないものです。
女子力という点から見ても、きちんと手を拭いたほうが高ポイントですよね。洗った後はそのままにしないでハンドクリームでしっかり保湿を。

ハンドクリームだけでなく「保水」も!

手のケアはハンドクリームなどの保湿にばかり目が行きますが、水分を与える「保水」ケアも、手肌の透明感のためには必要です。顔のスキンケアの際に手にもスキンケア用品を伸ばしたり、寝る前だけでも化粧水を手につけてからハンドクリームを塗るなどして、手にも水分の潤いを与えましょう。

手にも角質ケア!

手のごわつきは、たまった角質のせいかも?
日に何度も手を洗っているようでも、意外と角質がたまっていることも。スクラブなどでケアすることで、ごわつきが消えてなめらか肌になれます。ハンド用のスクラブ剤も出ていますし、顔には少し刺激が強かったな…というアイテムを手に使ってみるのもよいかも。余計な角質をオフして、保水&保湿ケアを行うと関節周りのシワも薄くなってきます。

ツボ押しで血行促進!

血行が悪いと肌全体がくすんだ感じに見えたり、むくみの原因にも。ハンドクリームを塗るときには手にあるツボも意識して刺激してみましょう。

  • 親指と人差し指の骨が交わる部分、少しへこんだところにある「合谷(ごうこく)」
  • 手の甲側の手首のシワの少し小指側にある「陽池(ようち)」
  • 手のひらの真ん中にある「労宮(ろうきゅう)」

これらのツボを押すことで、さらにイキイキした手になれます。

指先も抜かりなく!

デスクワークの人やショップ店員さんなどのように紙に触れたり、服に触れたりという機会が多い人は指先の油分を取られやすく、指先が乾きがちに。乾燥してささくれができてしまうと見た目はもちろん、何となく自分でも落ち着かないはず。指先までしっかりクリームを塗ったり、日に何度かはネイルオイルを塗るなどして指先も潤いを保ちましょう。
指先の乾燥が和らぐと、爪の周りの甘皮も伸びにくくなりますよ。

顔よりも年齢が出るといわれるパーツが「手」しっかりケアして若々しい手でいたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019