一手間加えるだけで見違えるほど美しくなれるアイメイクのテクニックとは?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2013.01.13.Sun

化粧下地を塗ってからファンデーションを塗る。ビューラーでマツゲをカールさせてからマスカラを塗るなど、基本的なメイクの順番や方法はご存知だと思いますが、美しいメイクを仕上げるうえで欠かせないポイントというのは、まだまだたくさんあります。中にはあまり知られていない事も。
たった一手間加えるだけで、メイクの見栄えに雲泥の差が出るとしたら、やらなきゃソンです。というわけで、メイクの中でもとりわけ力が入る「アイメイク」における、一手間メイク術をご紹介しましょう。

マスカラ前にもコームを使用する

マツゲをとかすコームやスクリューブラシ。マスカラ後に使用している方がほとんどだと思いますが、ぜひマスカラ前にも使用しましょう。スキンケアの油分やファンデーションの粉などが付いたままのマツゲにマスカラを塗ると、マスカラ液がマツゲに馴染みにくく、まだらになったりダマになったりしやすいのです。マスカラ前にコームなどを使って、余分な汚れを落としておくと、マスカラの付きが全然違ってきますよ。

冬のマスカラは温めてから使用する

古くなったマスカラや、寒いところに置いておいたマスカラを使用した際に、液が固まってしまっていたという経験は無いでしょうか?
固まった状態のマスカラだと、うまく塗れません。特に冬は、気温の影響でマスカラ液が固まりがちです。メイクを始める前に、お湯を張ったコップの中にマスカラを入れてみてください。アイメイクに取り掛かる頃には、固まってしまったマスカラ液が温められて、使いやすい状態になっています。古くなったマスカラにも、温め技は有効ですので試してみてください。

目力UPを狙うなら、目頭のマツゲが最重要

タレ目ブームの影響で、目尻側のマツゲを長くしたりボリュームアップさせたりするアイメイクが目立ちますが、目力UPを狙うならば目頭のマツゲこそが重要。目頭のマツゲを際立たせることで、クっと切り込んだ目元に見せることができます。これは、整形手術で言うところの「目頭切開」に近い効果が得られますので、目力UPと共に、デカ目効果も期待できます。

今回ご紹介したテクは、いつものメイクにほんの一手間加えるだけの簡単なもの。簡単で単純なテクニックですが、効果は抜群ですので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。