赤ちゃん肌になれるかも?!美容成分『EGF』でエイジングケア!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2013.01.20.Sun

皆さん、赤ちゃんの肌ってプルプルだなぁ、つやつやだなぁ…一度はそう思ったことありませんか?私も現在、生後5か月になる息子がいますが、それはそれはとてもうらやましい程のみずみずしい透明感あふれる肌です。
私たち人間は、年齢とともにたるみやくすみ、毛穴の開きなどどうしても肌が老化していくとともに肌トラブルも増えていくのが通常。しかし、この老化を改善させ、肌の再生をサポートしてくれるものがあったのです。
皆さんはEGFという言葉を聞いたことがありますか?その肌トラブルの悩みを解消してくれるカギになるのです。

EGFってどうゆう意味?

EGF(Epidermal Growth Factor)とは、日本語で線維芽細胞増殖因子という、体内の細胞の増殖をコントロールする働きを持つ、タンパク質の一種。そして人間が本来持っている上皮細胞を再生させる因子(新しい細胞産生を促すペプチドのひとつ)のこと。それにより、高いアンチエイジング効果が期待でき、美しい肌へ導くと言われています。
簡単に説明させていただくと、『EGF=新世代エイジングケア成分』と頭に入れておきましょう。

EGFの効果って?

EGFの意味が分かったところで、その効果とは実際どのようなものなのでしょうか。
EGFはその名のとおり、肌表面の新陳代謝の活性化、つまり表皮細胞の成長(ターンーバー)を促進させる効果を持っています。また、血流を良くして、コラーゲンの蓄積を促す働きもあると言われています。

そして、私たちの肌トラブルや美肌作りは全て『ターンオーバー』と密接に関係しているます。
ターンオーバーは通常20代で通常28日が目安に入れ替わるとされていますが、それが30~40代になると40日もかかるのです。その分、肌トラブルも招きやすく、肌の老廃物も溜めこんでいるということになりますよね。
しかし、EGFはターンオーバーの活性化に効果が期待されているので、その肌の活性化により、肌再生力がアップするため、シミやそばかすなどの肌トラブルに対して効果があったり、他にも、小シワやたるみが改善されて、キメが整い、つやとハリがアップしたりと、ターンオーバーを促進させることで、間接的にこれらの肌トラブルが解消してくれると言われています。

実際にEGFを体験してみました。

こんな素晴らしいことがたくさんあるのならさっそく!ということでEGF成分が入った化粧品を使ってみました。今回私が使用させていただいたのはメイフラワーから発売されている、エムディアEGFリニューセラム。
私は毛穴の開きなどが主な悩みで、それにより肌のたるみが目立ってきました。使用してから一か月になりましたが、毛穴が目立たなくなるほか、一番うれしかったのはそれにより毛穴が引き締まり、キメが整ったことでたるみが改善されたということです。しっとりとしたテクスチャーなので同時に乾燥までケア出来てうれしい限りです。
EGFでターンオーバーを促すことで肌年齢をリセットすることが出来るので、肌が健康に、若々しい印象になってきたように思います。これからも続けていくことで、肌を正常に保ってくれることに期待大です。

皆さんも肌が怠けてきたな?最近シワ、毛穴の開き、たるみが気になる、なかなかニキビ跡が消えない…など思っていたらそれはターンオーバーが乱れ始めた証拠かもしれません。ターンオーバーを正常に整えるということはどんな高級な化粧品よりも、あらゆる肌トラブルに絶大な効果を与えてくれます。
肌の調子を取り戻すためにも、いつものスキンケアにEGF成分を取り入れてみませんか?きっと現在の肌の悩みがプラスへと向かっていくはずです!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/