ナチュラル美肌を一日キープ!乾かない・崩れない「レイチェルワイン」のヒミツ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

スポンサード

ライトな着け心地が特徴のミネラルファンデ。でも、「キレイにつけられない」「カバー力がない」なんて声を聞くこともありますよね。レイチェルワインのミネラルファンデは、そんなお悩みをクリア!優秀ミネラルファンデです。

前回記事⇒化粧直し不要!ナチュラルベースメイクはミネラルファンデーション「レイチェルワイン」で!

どんな肌にも合う!色数の多さ

レイチェルワインは他のミネラルファンデと比べて、圧倒的に色数が多いです。しかも日本人の肌質やカラーに合わせて作られているので、色があわせやすいのがポイント。イエロー系、ピンク系ごとに数トーンのバリエがあるので、必ず自分に合ったカラーを選べます。
肌に負担をかけず、厚塗りにならず、化粧をしていないかと錯覚してしまうほど軽く、ナチュラルなので、すっぴんそのものが美しいかのような仕上がりに。

薄くてものっぺりしない!

薄づきなミネラルファンデだけだと、ナチュラルだけど平面的な感じに仕上がってしまうことも。レイチェルワインはアクセントフェースパウダーという強い味方があります。
アクセントフェースパウダーはファンデーションの後にブラシでサッとつけることで、余分な皮脂を抑え、肌に自然な輝きを与えてくれるパウダー。ハイライトとして鼻筋や眉尻あたりの骨格にそって、さっとつけることで適度な立体感が出てメリハリのある顔立ちにしてくれます。
ナチュラルでも手抜き感はナシ。付けた直後はやや粉っぽいかも?と思っても、少し時間が経って皮脂と馴染む事によっていい感じになってきます。

キレイなつけ方は?

ミネラルファンデ使用者から聞かれるのが「むしろ毛穴が目立った」と言う声。でも、レイチェルワインはブラシが超優秀。毛穴落ちも気にしなくてOKなのです。この大き目のブラシに、ファンデをごく少量取り、頬など大きなパーツからくるくるなじませていけばOK。

丁寧にするより、あえて少ないパウダーの量でザザッとつけるほうがキレイにつきます。細かいパーツはブラシに残ったパウダーをなじませていけばOKです。また、パウダーなのに乾かないのもレイチェルワインの特徴。ファンデを塗る前の肌はサラッとした状態のほうがキレイにつきます。スキンケアの名残などで肌がウェットな状態なら、あらかじめティッシュオフしておくのも美しい仕上がりのポイントです。

石鹸でも落とせるのにキレイな仕上がりを一日保てるレイチェルワイン、つけ心地が優しいだけでなくクレンジングによる負担も和らげることができるので、使い続けることで素肌の状態も美しくなっていきます。ミネラルファンデを食わず嫌いしていた方も、ぜひ試してみては?

【参考】
レイチェルワイン 「ミネラルメイクアップ トライアルセット」

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019