冬のパンパンむくみ…どうにかならない!?

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2012.12.10.Mon

朝起きたら顔がパンパン!朝の履いたブーツが夕方にはパンパン!冬にこんな経験はありませんか?それはれっきとした『むくみ』です。
むくみが酷い人は痛みを伴いますがむくみに気付かぬ女性も多いです。

なぜむくむの!?

むくみは、血管の外の組織に余分な水分が溜まって起こります。塩分の取りすぎや水分の取りすぎがむくみの原因になることはよく知られていますが、冬に起こりがちな冷えや運動不足なども筋力の低下や血行不足を引き起こし、水分の排泄を妨げてしまいむくみを引き起こす原因となります。
そして、最もむくみやすいのが顔と足。
朝、顔がパンパンにむくんでしまうのは平行になった体中に余分な水分が行き渡ってしまうため。一方、夕方むくんでしまうのは余分な水分が下へ下へと重力で下がっていくためです。
むくみはほって置くと蓄積され脂肪の原因となるので注意!

パンパンむくみを撃退!

むくみに効果的なのが老廃物を排出する役割をしているリンパのマッサージ。
顔のむくみ→耳たぶの下辺り。
二の腕やデコルテのむくみ→脇の下。
足のむくみ→足の付け値。
のようにリンパに目掛けて優しく撫でマッサージをすること老廃物を排出しやすくなります。

私のオススメは半身浴。私は毎日欠かさず半身浴をしていますが、一日の疲れを半身浴による汗を出すことによってむくみが全て取れ、全身がとても軽くなります。時間がないかたは両足合わせて一分間、体を洗うついでに泡と一緒に足をくるぶしから足の付け根まで優しくリンパを流すようにマッサージをするだけでも効果があります。
酷くむくんでしまった夜は、足元に枕を置くなどして足元を少し高くすることによって、重力で下がってしまった余分な水分が上へ流れるのでむくみが解消されます。

【参考】:『リンパマッサージの場所&注意点』カラコロキレイ

むくむ前に予防しよう!

むくんでしまった足はケアをしないとむくみが消えませんが、むくみはむくむ前に予防することも出来ます!
酷いむくみの場合は、漢方やサプリメント(例・DHCのメリロート、クラシエのコッポアッポLなど)をお昼後に摂ることで夕方のむくみを予防出来ます。私は寝る前に必ずむくみ取りソックス(ドクターショールの寝ながらメディキュット)を着用してから布団に入ります。そうすることで翌朝の足もスッキリむくみ知らずになり体がリセットされた気分になれるのです!
食生活では、体を温める食材を食べ、塩分を控えましょう。デトックス食材として水分代謝を活発にしてくれ、利尿作用のある『カリウム』が多く含まれる食品(ほうれん草、アボカド、パセリ)などを前日の夜や当日の朝、食することでむくみの予防に繋がります。

慢性化しているむくみに関しては日頃の食生活や運動不足が原因と考えられるので、減塩料理を心掛けたり適度に体を動かすなどして、むくまない体作りが大切です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/