ローズの力で私史上最高の肌!「HANAオーガニックムーンナイトミルク」

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

スポンサード

起きぬけの肌がくすんでいる、毛穴の開き、ニキビ跡が気になる、頬はかさかさなのにTゾーンはべたつく…こんな肌の悩みは肌の再生力がダウンしている証拠かも。
「HANAオーガニック ムーンナイトミルク」は夜の洗顔後のワンステップでシミ、くすみを追いだしてくれる乳液です。2011年に日本初の夜専用オーガニックコスメとして発売され、発売から過去最短で「マイロハス・コスメアワード2011」乳液部門第一位に選ばれた逸品なのです。

なぜ、夜専用なの?

22時~2時は「肌のゴールデンタイム」と言われるように、肌が再生するのは夜。ダメージを受けた肌を再生してくれる成長ホルモンは夜しか分泌されません。「HANAオーガニック ムーンナイトミルク」は、このゴールデンタイムにローズの再生力を使ってアプローチ。
古くから北欧で日焼け後の美白に使われてきたローズですが、ローズポリフェノールにはメラニンを抑えて肌の生まれ変わりを高める働きがあると報告されていますし、バラのめしべの奥に存在するローズプラセンタにも成長因子などが含まれます。また、バラの精油に含まれる500以上のアロマ成分が夜の間の成長ホルモン、女性ホルモンの分泌に働きかけてくれるのです。こんな意外な力を持つバラの成分を「HANAオーガニック ムーンナイトミルク」は一晩分に丸ごと一輪分、贅沢に使っています。これが、夜の間に肌をリペアしてくれる「ローズの再生力」のヒミツなのです。

ワンステップでお手入れ完了!

「ムーンナイトミルク」は夜の洗顔後のケアを一つですべてこなしてくれます。2~3プッシュを手のひらに取り、こすらず顔全体に手のひらで押しこむようになじませます。顔に伸ばす前に手のひらで温めたり、特に乾燥が気になる場合は「ムーンナイトミルク」の前に化粧水を使うか、足りない所に1プッシュ程度を重ねつけするのが効果的。
顔になじませた後、両手で顔を覆い、鼻と口から深く息を吸い込むことで、分子の細かいバラの精油成分もしっかり体内に取り込まれ、効果を発揮します。肌や呼吸器から取り込まれた精油の効果でホルモン分泌、睡眠中の修復をつかさどる副交感神経の働きを高め、肌を再生させてくれます。
香りでのケアのいいところは脳へ直接届いて女性ホルモンの分泌の指令を出す視床下部や下垂体にも働きかけてくれること、香りを嗅ぐことで副交感神経が優位になり、自律神経の働きも整えられること。女子のキレイをつかさどるホルモンバランスを整えるにも最適なんです。

使ってみました

乳液だけのワンステップで大丈夫?と思いましたが、しっかり潤います。翌朝はたっぷり寝た日のようなハリも出ます。帰りが遅い日は特に、ワンステップでスキンケアが済むのはうれしいです。その分眠れる!
個人的には肌に対してはスキンケアと同じくらい、睡眠時間がモノを言うと思っているので、スキンケアの時短はうれしい限り。また「ムーンナイトミルク」は無香料なのですが、濃縮ローズウォーターを使用しているため、自然のバラの香りをしっかり楽しむことができます。バラの香りのコスメはたくさんありますが、ちょっとツンときたり攻撃的なブレンドの香りも多いので、バラの花束そのままのようなナチュラルな香りに心が癒され、一日の疲れもリセットされる気がします。
ローズの香りは女性ホルモンのバランスを整えてくれる代表的な存在。使い続けることで保湿などコスメとしての効果と、中から働きかけてくれる効果の相乗効果が期待できちゃいそうです。

忙しい女子の強い味方となってくれそうなシンプル時短ケア「ムーンナイトミルク」忙しい時期のケアに取り入れてみては?

【参考】
HANAオーガニック ムーンナイトミルク 半額モニターキャンペーン

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!