意外に知らない洗顔方法。正しい洗顔が老化を阻止する!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2012.11.23.Fri

美しい肌の原点はどこにあると思いますか?
それはスキンケアではく、『正しい洗顔』です。洗顔をしたとしてもきちんと落とせていない場合、それは化粧をしたまま寝るということと変わりないのです。化粧残しは洗顔後のスキンケアもお肌に馴染んではくれないどころか、くすみ・小ジワ・毛穴拡大など肌に悲劇を招きます。そうならない為にもきちんとした正しい洗顔方法を改めて見直しましょう。

意外に知らない洗顔知識

まずは、洗顔する水ですが冷たい水・ぬるま湯・暖かいお湯どれがお肌に良いと思いますか?正解はぬるま湯。ぬるま湯とは人間の体温と同じ36度位がベストです。冷たい水だと毛穴が閉じてしまい毛穴まできちんと洗顔出来ず、温かすぎるお湯だと必要な皮脂まで洗い流してしまいお肌のキメを失います。
また洗顔は朝は丁寧に水洗いのみ!というかた。汚れていないつもりでも、寝ている間に皮脂がドンドン作られています。皮脂は分泌された瞬間から酸化が始まり、肌老化を急速にする働きや炎症を起こす原因にもなります。洗顔料は朝晩使いましょう。
そして、洗顔料を顔に乗せたら水でゴシゴシ落とすのは大きな間違いです。ゴシゴシ洗いはお肌のキメを乱し、せっかく洗顔料で汚れを浮かせたのに顔全体に汚れを引き伸ばしているも同然です。洗顔料のこすり洗いは絶対にNG!落とすときは肌に触れるだけで泡を洗う感覚で優しく時間をかけてすすぎ洗いをしましょう。

正しい洗顔料の選び方

自分の肌と相性の良い洗顔料を見つけるのは、意外と難しいものです。
洗顔は皮脂を落とすことに専念出来るさっぱり洗えるものが良いでしょう。洗顔後にキュッと感じる程度が皮脂がバランス良く落ちている証拠なので、その感覚を目安にしましょう。一般的に固形の洗顔石鹸のほうが商品にばらつきがないのでオススメです。

正しい洗顔とは

洗顔で第一に重要なのが、洗顔フォームや洗顔石鹸で行う泡立て。手で素早く動かし泡立てるのには限度があります。なるべくならキメの細かい泡が出来る泡立てネットを使いましょう。泡が細かい分、肌のキメの奥までや毛穴の隅々まで浸透してくれたり、汚れを浮かせてくれるのです。

次に正しい洗顔料をのせる順番

1、皮脂やざらつきの一番多い小鼻
2、皮脂汚れの多いTゾーン、Uゾーン
3、残りの顔全体

洗顔料は皮脂の出やすい場所から時間差で肌にのせていきましょう。そして肌ではなく泡をクルクルと触る感覚で手を細かく動かし優しく馴染ませ、ぬるま湯で肌に当てるようにして洗い流します。
最後にシメで冷たい水ですすぐと毛穴がキュッと引き締まります。
拭き取りはタオルでゴシゴシせず、そっと押し当てながら水分を取ること。

メイク残しは肌の一番の負担と老化を進める原因です。
あなたの普段の洗顔方法は正しかったですか?美肌作りに欠かせないのは肌をキレイに保つこと!その土台にはまず毎日の正しい洗顔があるということを忘れないでください。

1211236topii

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/