乾燥が及ぼす肌への悪影響!知っておくことが大切!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2012.11.03.Sat

秋から冬にかけて、空気が乾燥してくる時期です。それに伴い、私たちの肌も乾燥を感じることがグンと増えていきますよね。残念ながら乾燥している肌は実年齢より老化していることをご存知ですか?
ここで知ってほしいことは乾燥が肌に及ぼす悪影響です。私たちが思っているよりも乾燥は遥かに肌の老化を進行させるのです。

乾燥が肌に及ぼす悪影響をピックアップ

肌が粉をふいたり、かさつき・ざらつき、かゆみが出てきたら要注意!乾燥は肌組織を痛めつけてしまう上、老化を進行させるのが得意なのです。

・皮膚が潤いをなくし組織が乱れ、乱れた部分からシワとなって出てきてしまう
・水分がなくなった肌は細胞が衰え、肌の硬化が起こり『たるみ』が発生する
・肌の柔らかさや透明感を失い、ざらつきやくすみが目立ってくる

このように乾燥は『シワ』『たるみ』『肌荒れ』の直接的な原因なのです。
ただでさえ20代を過ぎた頃からホルモンバランスの影響で皮脂は徐々に減少していくのに伴い水分も蒸発しやすくなるため、お肌の潤いを保つ事が難しくなり乾燥しやすくなるので、乾燥する季節にはより対策が必要となってきます。
冬の肌環境において、若々しく健康的な肌を維持するためには『乾燥から肌を守ること』『肌の保湿力を回復させること』が大きなポイントとなってきます。

乾燥から肌を守ること

スキンケアを念入りに行う
化粧水、美容液等でたっぷりと保湿をする。

暖房の温度を少し低めに設定する
寒いと思ったら重ね着などで対処。

暖房の部屋の湿度に気をつける
加湿器や霧吹きを使ったり濡らしたバスタオルを部屋にかけておくだけでも効果があります

洗顔料でゴシゴシ洗いすぎを避ける
過激に洗うことで肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。

肌の潤いを回復させること

肌の保水力がなくなると、肌細胞が水分不足になって肌トラブルが発生してきます。

こまめに水分を採る
内側からも保湿を心がけましょう。

毛穴を引き締める
保水力がなくなることにより毛穴が広がってきます。毛穴が広がると水分の乾燥も促進されていき、悪循環となるのです。つまり、毛穴を引き締めることによって、乾燥肌対策となり、『シワ』『たるみ』などの改善効果も期待できます。

スチーマーや蒸しタオルをする
その後にスキンケアをすると肌に潤いがキープされます。

ビタミンCの食品を採る
肌細胞を回復させてくれるため、保湿力がよみがえります。

こういった乾燥が肌に及ぼす悪影響を知ることで、自分がどういった対処をすれば乾燥が改善していくのかケア方法も分かり乾燥に対する意識も高まりますよね。
軽視しがちな乾燥問題、これを機にこの冬から乾燥対策をはじめませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/