働きマンのための美が作られるシンプルな8つの健康習慣

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.11.05.Mon

健康を無視して美容にお金と時間をかける人もいますが、健康なくして美はありえません。逆に健康な生活をしていれば、自然と美しくなれるもの。今回は「忙しくて健康にかまってられない!」という働きマンが心がけたい、シンプルな美を作る健康習慣を1日の流れでご紹介します。

朝起きたら太陽を浴びる

朝しっかりと体を目覚めさせてあげることで、体内時計がきちんと働き、夜眠れるようになります。体を起こすには太陽が1番。まずはカーテンをあけることからはじめましょう。

朝食に必ずフルーツを

お弁当や夕ご飯を作る暇も余裕もない、のが働きマン。せめて朝は健康によいものをとりましょう。簡単で効果的なのはやっぱりフルーツです。

体を動かす

寝つきの悪い人は運動を、特に午前中に行うことが重要。ラジオ体操やストレッチをする、1駅分歩く、階段を使うなど、午前中に意識して体を動かしましょう。

ジュース類は10時と3時のオヤツのみ

頭を働かせるのに糖分は必要ですが、飲み物はグイグイ飲めてしまうので糖分とカロリーのとり過ぎになりがち。デスクに置くドリンクはお茶やお水にして、甘いジュースなどは10時や3時のおやつ代わりに飲みましょう。

500mlの紙パックジュースは買わない

デスクのドリンク用に「安いし美味しいから」と500mlの紙パックのジュースを買う人もいるのでは?
500mlは多すぎますし、上記の通り、1日かけてダラダラ甘いジュースを飲むのは太る原因に。250mlにとどめておきましょう。

デスク下では貧乏ゆすりか足の裏マッサージを

デスクに座りっぱなしだと足がむくみますよね。足で貧乏ゆすりをするか、足の裏をゴルフボールなどでマッサージすると、血液の循環が上がりむくみが解消できます。

膝と肛門をしめる

良い姿勢は美と健康の基本ですが、仕事中は忘れがち。座る時も立っていると時も、膝と肛門をしめることだけ意識してください。背中が自然と伸び、良い姿勢をキープできます。

平日こそ20分間の‘ながら’半身欲を

半身欲は疲れを癒すだけでなく、冷えの解消や代謝アップによる美肌効果、デトックス効果もあります。体を動かすことの少ない平日こそ、半身欲をすべき。マッサージやシートマスク、読書などをしながら行えば、時間も短縮できて一石二鳥です。

健康は美容だけでなく、元気な心や仕事力アップのための原点ともいえます。是非実践してみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/