「肌汚ちゃん」でもこれだけはしておきたいスキンケアとは

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.11.10.Sat

向井理の肌男とは違い、ニキビ跡、広がった毛穴、シミ、吹き出物など肌トラブルに悩むのが「肌汚ちゃん」。ツルツルな肌の友達を見ると羨ましく、自分の肌と比べてはガッカリ。荒れた肌に、毎日のスキンケアも適当。メイクでカバーしようとするも、隠しきれない。
今まではそれでもさほど肌ダメージは受けなかったけれど、これからは違います。加齢も重なり、思った以上に肌がボロボロになることに。肌汚ちゃんでも、これだけは大切にして欲しい!スキンケアをご紹介します。

紫外線対策と保湿だけは徹底すべし

肌汚でスキンケアを適当にしがちでも、これだけは徹底してほしいのが「紫外線対策」と「保湿」。この二つだけは怠ると5年後10年後の肌が取り返しのつかないことに…なんてことも。

肌汚ちゃんの紫外線対策

肌汚ちゃんは紫外線対策もずっと適当だった人も多いもの。しかしやっぱりそれではダメ、です。シミやシワは一度できると取り戻せず、目立つので実年齢よりグッと老けて見られてしまいます。
今までの紫外線は取り戻せませんが、これからの紫外線は調整できます。今まで紫外線の吸収が多かった分、やはり1年中紫外線対策はすべし。「でもUVケアはめんどくさい」という人は、日焼け止めの入ったBBクリームがオススメ。下地やファンデも混ざってるので、これ1本ですんでしまいます。

肌汚ちゃんの保湿ケア

肌の乾燥は様々な肌トラブルを引き起こします。一見無関係と思われるニキビ、シワの原因も肌の水分不足からくるもの。逆に肌の水分量さえ保てていれば、肌トラブルは起こりにくくなります。
保湿ケアばかりはきちんと行うこと。「熱いお湯で顔を洗う」「化粧水はもったいないから少なめ」「夏は化粧水だけ」は、もうやめて。ぬるま湯で顔を洗い、化粧水はたっぷり使い、乳液を丁寧に塗る癖を1年中つけちゃいましょう。

紫外線対策と保湿ケアだけはしっかり行い、自分の肌を愛でてあげれば、徐々に肌の調子が良くなるもの。今は肌汚ちゃんでも、投げやりにならず、これからのために肌をいたわりましょうね!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/