バストをしっかりキープする鍵、クーパー靭帯を意識して若さをキープ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.11.07.Wed

皆さんは“クーパー靭帯”を気にして生活していますか?クーパー靭帯は胸の位置をキープする為に頑張っている縁の下の力持ち的存在です。この靭帯があってこそ綺麗な胸の位置が保てるというもの。
そんなクーパー靭帯を痛めてしまわないように気をつけておくことをしっかり頭に入れて生活していきましょう!

胸を支える大事な存在“クーパー靭帯”とは?

近年ランニングがすっかり定番スポーツとして返り咲きましたが、ランニングを始めてから胸が少し小さくなった、位置が下がってしまったような気がするという事を頻繁に耳にします。話しているとスポーツブラの締め付け間が嫌いで着用していなかったり、ゆるめのスポーツブラジャーを着用しているケースが多いいのです。商品自体が悪いわけでもなく、体の不快感を我慢出来ないのも仕方ない事ですが、これではクーパー靭帯への負担が影響して胸が下がって当たり前です。いったんここで胸がこれ以上下がらないようにする為には胸がなるべく動かないようなスポーツブラジャーがかかせません。
苦しさが少ないスポーツブラジャーも各メーカーから出ているので色々試して自分にあった物を見つけましょう。

バストの位置をキープするには胸筋のみを鍛えれば良い?

バストアップや垂れないためのケアに胸筋のみを鍛えているケースが多いのですが、実は胸筋だけでは重力には逆らえません。それよりも、クーパー靭帯とよばれる乳房を引っ張って持ち上げる為の組織が胸の弾力やハリを与えてサポートしてくれているのです。胸筋を鍛え、クーパー靭帯をケアしてあげる事で若々しいハリのある胸と位置をしっかりキープ出来るようになるので、両方からのアプローチを計りましょう。

胸の大きさによってクーパー靭帯は伸びやすい?

クーパー靭帯は伸びやすく切れやすい靭帯です。このようにスポーツや日常生活の中で何らかの負担をかけてしまうと垂れやすくなる事は勿論、胸の大きさが小さくても勿論負担はかかりますし、大きいとそれだけ負担がかかり影響が出やすくなってしまいます。胸の位置が下がるとそれだけ年齢が老けて見える事もあるので、しっかりケアする事で綺麗な胸を保って若々しさを維持しましょう。

運動する事でどの位の影響が胸に出るのか?

皆さん一度は必ず経験があると思いますが、運動をする事によって胸が上下に揺れてしまいますよね。その動きの分、クーパー靭帯が伸びたり切れやすくなり、運動をするごとに段々と組織が破壊されて下がってきてしまうのです。
そこで活躍するのがスポーツブラジャー。既に着用している場合が多いと思いますが、苦しさや着脱の煩わしさから、少し隙間があったり揺れてしまうタイプを好んで着けている事も。
ブラジャーで締め付け過ぎるのもよくありませんが、きちんと自分の胸にフィットした物を選ぶ事で運動をする時に起きる揺れの不快感も無く綺麗な胸の形と位置をキープしやすくなります。グラビアアイドルの方々で胸にサラシを巻いて走ったり縄跳びをしている方も多い位、胸の上下運動は影響が大きく出ます。

就寝時もしっかりケア

夜寝る時用のナイトブラジャー等と呼ばれる下着も非常に有効です。お勧めはワコールのナイトアップブラ。
また、折角の形をキープする為のブラも体勢によって台無しに。うつ伏せに寝てしまうと胸に負担をかけてしまうので仰向けの状態で眠るのがベストそれでもうつ伏せじゃないと眠れないという方は、横向きで眠ってみる等、体勢を少しずつ変えてみる事から始めてみましょう。
また、眠る時に普通のブラジャーをして寝る方もいますが、これでは締め付けがきつすぎて血流が滞ってしまうので逆に体に悪い場合も。ナイトブラジャーは価格が少し高めの商品が多かったり着け心地があまり好きじゃないという場合はユニクロのブラトップを着て眠りましょう。
勿論眠る時だけではなく、家でゆっくり過ごす休日に体を締め付けたくない場合にもブラトップを身につけているだけでもノーブラより遥かにクーパー靭帯への負担が減少するのできちんと自分の将来の為に出来る小さなケアを今からしておいてあげましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!