キャリアオイルの種類別効能を知って自分にあった活用を!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
Googirl編集部

Written by:

2012.11.09.Fri

あまり気にしていないで普段使用しているキャリアオイル。ボディーや髪の毛、そして顔にまで使えるキャリアオイルですが、それぞれのオイルによって効能がだいぶ違います。どのオイルが自分に一番あっているのかを知ってより一層キレイになる近道をしちゃいましょう。

キャリアオイルとは?

別名ベースオイルとも呼ばれる物で、基本的にはアロマエッセンシャルオイルを薄めて体内に運んで行く作用がありますが、肌への浸透性が良く美肌作用等もあるオイルです。
また、各オイルを試す時には手首や腕の内側でパッチテストをしてから使用して下さい。
今回は手に入りやすいオイルのみを紹介しますが、この他にもまだまだ種類が豊富。定番のキャリアオイルに慣れてきたら他のオイルにもどんどん挑戦してみましょう。

アプリコットオイル

肌が何だかくすんでしまっている時に栄養を与えてくれるオイルです。ビタミンやオレイン酸の含有量が多いので、お肌にハリを与えてくれます。

アボカドオイル

固めのオイルなので、のびが悪いと感じる事もありますが、保湿直にすぐれ、角質等を柔らかくしてくれる働きがあります。

オリーブオイル

>@?エキストラバージンオイルが最も有名ですが、いくつかのグレードがあり、それぞれ異なった効果が。共通しているのはオレイン酸とビタミンEが豊富に含まれている点。価格もお手頃で日常的に馴染みがあり使いやすいオイルです。

椿オイル

さらっとした触り心地が特徴で、ヘアオイルとしてだけではなくスキンケアのお手入れのオイルとして使用しても大丈夫です。肌にとてもなじみやすいのが特徴。ちなみに日本では定番の椿油ですが、ヨーロッパではあまり採れない為に高価な値段で取引されています。

グレープシードオイル

香りにクセがほとんど無く、敏感肌や乾燥肌に非常に向いているオイル。ワインの副産物とも言われるこのオイルは、さっぱりとした使い心地。老化やガンを引き起こす活性酸素を抑える働きが。

スイートアーモンドオイル

食用としてもよく使われている油ですが、赤ちゃんや敏感肌の人にも使いやすいキャリアオイルです。鎮静効果がある事でも有名ですが、肌を柔かくする効果も期待出来ます。

セサミオイル

肌の老化防止やくすみの改善にお勧めのオイル。デトックス効果にも優れていて、アーユルヴェーダでも使用されています。

マカデミアナッツオイル

パルミトレイン酸という皮膚の細胞を助けてくれる成分が多く含まれています。皮膚への浸透力も高く、保湿性にとんでいる為、冬に特に活躍するオイルです。髪の毛につけるとだんだん柔らかくなるという効果も。

効果を倍増させる組み合わせ

キャリアオイル単体でも勿論使用出来ますが、アロマエッセンシャルオイル等と混ぜて使用するとより一層効果が強まります。
まずはオリーブオイルとラベンダーエッセンシャルオイルを組み合わせて使用してみる事をお勧めします。どちらも肌に優しく、男女関係無く使用出来ます。

組み合わせによって自分だけのオリジナルスキンケアアイテムに早変わりしてくれるキャリアオイル。どんどん試して自分にあったオイルを見つけ出してもっとしっとり肌を手に入れちゃいましょう!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

Googirl編集部

女子力向上をめざす応援サイト!
オシャレ、美容、恋愛など海外の最新ニュースを毎日配信!