女子の美をサポート!朝食で食べたいおススメ食材 5選

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
中野亜希

Written by:

2012.10.28.Sun

女子の皆さん、朝ごはん、食べてますか?朝ごはんが体にもたらす良さは、「食欲がない」で片付けるのはもったいない!というくらいおなじみですが、どうせ食べるなら意識して体にいいものをチョイスしたい!おススメ食材をまとめました。

タンパク質は睡眠中に下がった体温を上げる効果があります。朝から体温が上がっていれば代謝アップ!痩せ体質への近道です。記憶力UP、アンチエイジングにも効果的な亜鉛も含まれています。パンでもご飯でも合わせやすく、調理の手間が少ないのも忙しい朝にはうれしいですね。

梅干し

赤身のお肉や卵に含まれる亜鉛の吸収をよくしてくれるクエン酸を含んでいます。クエン酸摂取には黒酢などもよいのですが、起きぬけの胃にはお酢は若干負担になることも。温かいご飯と梅干しで、和風の朝ごはんはいかがですか?酸味が食欲を刺激してくれる効果もあります。

スイーツ

栄養的にというより、気分をアゲるのにおススメ。甘いものがやめられない人は、朝食べるようにしては?朝食で摂ったエネルギーは夕食よりも消費されやすいので、甘いものを食べる罪悪感も減りそうです。大好きなスイーツ、どうせ食べるなら楽しく食べたいですよね。
また、同じ1日の食事でも、朝食は好きなものをしっかり、夕食はライトにすると飢餓感も少なくダイエットにも効果的。朝スイーツを食べたらもう間食しない、夜は甘いものを食べない、などメリハリをつけるとよいでしょう。

全粒の穀物

精製された小麦粉より全粒粉のパン、白米よりも玄米。これらは消化吸収もゆっくりなので、脳のエネルギー源であるブドウ糖を安定して脳に送る事ができます。食物繊維も多いのでコレステロール値を安定させ、消化器官を正常に保ってくれます。「白いものより茶色い穀物」と覚えておけばOK。

フルーツ

食欲のない朝でも手軽に食べられる果物にはビタミン・ミネラルが豊富。生のフルーツなら酵素を補ってくれる効果も。果物はほかの食品と違って消化に体内の酵素を必要としないので、負担なく消化吸収されます。
また酵素にはイライラ防止効果もあるので、平日、出勤前の朝食には積極的に取り入れたいものです。ビタミン補給のためならジャムやジュース、ドライフルーツも手軽に取り入れられておススメです。

余裕を持って美味しい朝ごはんを食べることで、気分的にもいい効果がありそうです。朝食を出勤前の楽しみとして、プチイベント化するのも楽しそうですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

中野亜希

東京在住のフリーライター。
音楽・読書・写真・わんこ・お酒が好き。
ツイッター:@752019