そんなメイクなら、しない方がマシ!!やりがちな失敗メイク3パターン

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2012.10.08.Mon

皆さんがメイクをする理由ってなんでしょうか?
大人としての身だしなみや、社会人としての最低限のマナーといった事もあるかもしれませんが、やはり「キレイにみられたい」「可愛くありたい」という願望が一番大きな理由になっていますよね。女性を美しく見せてくれるはずのメイクですが、一歩間違うと真逆の結果になってしまうこともあるんです。
そこで今回は、やってしまいがちなメイクの失敗をピックアップしてみました。

吉凶混合!ハイライト問題

メイクの中でもかなり脇役イメージが強いハイライト。ハイライトを入れるという女性の方が少ないかもしれませんが、実はハイライトを入れるだけで美人度は急上昇します。ビックリするくらい骨格に変化が出るので、平坦な日本人の顔には特に効果的。使わないなんてもったいないのです。
ただ、気をつけて欲しいのは、「良いハイライト」を使うこと。プチプラ系のハイライトは、パール感がきつすぎたり粉っぽくなってしまうものが多いので避けましょう。ハイライトへの投資は美人への投資。コレ本当です。

セクシー?ふしだら?グロス問題

ツヤツヤでプルプルな唇は男受けナンバーワン。口紅はつけないけどグロスは常に持ち歩いているという女性も多いですよね。ツヤプル唇を目指してグロスをつける場合は、テクスチャーの見極めが重要です。ゆるめのグロスだと、時間がたつにつれグロスがにじんで唇より外に広がってしまったり、口角や唇の脇にグロスが溜まってしまって、何ともいえないふしだら感が出てしまいます。
グロスを選ぶ際は、少々固めのものを選ぶと失敗が少なくなります。

でかけりゃいいってもんじゃない!黒コン・ツケマ問題

マツエク・ツケマ・黒コンなどは、一手間で顔の印象がガラっと変わる画期的なアイテム。既に取り入れている女性も多いと思いますが、ちゃんと自分の目や顔の大きさに合ったサイズのものを選んでいますか?
長すぎるマツゲは、横から見た時や伏し目にした時に悪目立ちするだけ。また、デカすぎる黒コンは目の表情が全て消えてしまうので本当に怖い印象しか与えません。何事も、本物よりちょっと盛る。くらいが一番良く見えるライン。モノには限度があるということを覚えておいて下さいね。

失敗メイクって、自分ではなかなか気づきにくい部分でもありますので、仲の良い女友達や彼氏などに、メイクの問題点を聞いてみるのもオススメですよ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。