あなたはどのタイプ?小顔に近づく5つの原因と対策

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2012.10.22.Mon

皆さんは、毎日自分の顔を鏡で見ていますか?
久々に鏡をじっくり見たらこの前より老けた?太ったようにみえる?疲れ顔になった?なんてことのないよう、日ごろのチェック、そして原因を把握することが『小顔』への近道です。

あなたはどのタイプ?

① 脂肪太り…全身の肥満により、顔が丸くなる

このタイプの方は運動をして脂肪を落とす、顔から汗をかく(サウナや半身浴などがおすすめ)、代謝アップ食材(生姜、にんにく、唐辛子など)や脂肪を分解させる食材(グレープフルーツなど)を摂り、痩せやすい体づくりをしましょう。

② むくみ顔…血液やリンパの流れが悪くなり、老廃物の排泄が滞る。

むくみは女性に多い悩みで寝起きや夕方の疲れ時にありがちタイプです。
こんな方はお風呂などで温まり、体をひやさないようにする。寝不足にならないようにする。利尿作用のある食材(きゅうり、バナナ、アボカドなど)を摂ること、食物繊維のある食材(きのこ類、海草類、イモ類など)を摂ることでデトっクスし、老廃物を体に溜め込まないようにする体づくりをしましょう。
むくみは肌の血色も悪くなりがちなので、くすみの原因にもなります。むくみ改善と共に小顔効果に加え、顔色もよくなり、肌色が明るくなるのも期待できますね。

③ 筋肉の衰え…年齢にかかわらず、表情筋が乏しくなることでほほやあごがたるむ

普段の日常生活で喜怒哀楽が乏しくなっていませんか?
このままでは、表情筋がカチカチに固まってしまい、使われない筋肉は働く必要がないんだと思い込み、衰え始めていきます。
このままでは使わない筋肉は衰える一方!そして老け顔の原因に。。。こんな方は、毎日、よく笑い、よくしゃべり、笑顔生活を心がけましょう。
鏡を見ながら口を大きく動かしたり、目を大きく見開いたり、表情筋トレーニングをし顔全体の筋肉をほぐすのが効果的です。固くなった筋肉はいくらでもほぐすことができます。

④ たるみ顔…法令線を中心に年齢と共に下へ下がってくる

年齢による重力には逆らえませんが努力で留めることはいくらでも可能です。
こんな方は、法令線、フェイスラインを中心に顔のお肉を上へ上へと意識しフェイスマッサージをする。法令線に良いコラーゲン食品(サプリメントやゼリー、豚骨スープなど)を摂る。リフトアップ、弾力性が出るスキンケア化粧品を使う。などがおすすめです。
特にフェイスマッサージは毎日のコツコツの積み重ねで必ず効果は出てきます。

⑤ 骨格のゆがみ…足腰のゆがみや姿勢の悪さによって、顔のバランスがぐずれる

猫背や、荷物をいつも同じ肩にかけたり、気がつくと脚を組んだりしていませんか?こんな日ごろの癖から引き起こるゆがみ。こんな方は、ゆがみにも長年の癖が出ているのでしばしの日ごろの癖を直す努力が必要となります。体のゆがみは悪化すると顔のバランスまで崩れ、崩れた部分を補おうとそこに脂肪が付きます。
ゆがみには骨盤体操などがおすすめですが、ひどい方は一度、整体師などの専門家に見てもらいましょう。

当てはまる原因はありましたか?
すべて日ごろの行いから改善出来ることです。原因が分かったところで、あなたも日ごろの私生活で『小顔』を手に入れましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/