2012年秋のトレンドメイクを抑えて!今日から小顔デビュー♪

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
岸川菜月

Written by:

2012.10.17.Wed

ガラリと季節も変わり、冬を間近に控えた秋。しっくりな季節に合わせて、ファッションだけでなくメイクも変え、この秋のトレンドを抑えた『小顔の秋』にしてみませんか?

抑えておきたい3つの秋のトレンド要素とは?

この秋のトレンドメイクは『スモーキーカーキ』『ダーク系、ソフトブラック』が旬♪

① 最大トレンドはスモーキーカーキのアイメイク!…深みを感じすぎず、綺麗でクールなニュアンスが特徴。アイメイクにチョイスして、秋の落ち着き感を取り入れましょう。

② リップはつややかなヌーディトーン。ローズボルドーなど自分の唇に深みを感じさせる色が旬。…大人っぽさがグンと引き立ち、今年のトレンドファッションのブラックにとても合います。

ボルギーな眉毛が旬!…今までのほんわかストレート眉はもう終わり!今季は全体がカーブした形の整ったしっかりした眉毛が顔立ちをはっきりさせ、エレガントな美人顔に変身できます。

さぁ、この秋のトレンドを抑えたところで、それを小顔メイクに取り入れて見ましょう。

小顔のポイント『立体感』の重要性とは?

立体感とは凹凸があることを指しますが、私たちの顔も、もともと立体感を持っています。小顔メイクに使用する『立体感』は、さらにそこから影や光で作り出す『人工的な立体感』になります。その立体感をメイクに取り入れ重点的に出すことでよりいっそう自然で美バランスな小顔を手に入れることが出来ます。

小顔メイク『立体感』の4つのポイント

小顔に見せたいならUゾーンにワントーン色を落としたファンデーションを塗るのが鍵。
普段お使いのファンデーションより濃い色をフェイスラインに使うことによって縁取りの役目を果たしてくれ奥行きが出てシャープな印象になり、小顔効果が出ます。

鼻を高く見せたいならノーズシャドウとハイライトが鍵。
ノーズシャドウを入れることによって一気に大人顔へ変身でき、顔の真ん中にある鼻を整えることにより全体がバランスの良い小顔に見えます。ハイライトにはパールを取り入れることで光反射の影響でよりメリハリ顔になります。

チークをほほの一番高いところにのせてかわいさアップ。
立体感を出すチークの塗る場所はほほのてっぺん!ポンっとのせることでナチュラルに骨格を強調!ふっくらし、笑顔が生えるほほになります。

パッチリなのに柔らか目が鍵。
アイライナーで囲みメイクでは目を引き締めて小さく見えがちです。ソフトブラック系のアイシャドウやペンシルでぼかし囲みをすることで目元がぼやける分、目の範囲が大きく見え、柔らかい印象になります。

最大ポイントは①~④すべて『ブラシ』を使ってぼかすこと。
ぼかすことによって自然な立体感が出るので、きっちりメイクよりもやさしく仕上がり親近感も沸き、モテ顔にも繋がります。

以上項目を参考にし、皆さんもこの秋、トレンド感たっぷりの小顔メイクに挑戦してみませんか?

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

岸川菜月

美容関連会社に勤めながら、主婦業・子育てを満喫。ファッション雑誌等で読者モデルとしても活躍中。
ブログ: 岸川菜月 ☆Happy Lifeブログ☆
URL:http://ameblo.jp/kurumi401/