素晴らしきかな乳液美容!知られざる乳液の魅力徹底解剖!!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
イトウウミ

Written by:

2012.09.02.Sun

化粧水・美容液・クリームなど、スキンケアコスメにはそれぞれ役割があり、何一つ欠かす事のできないアイテムですが、「乳液」への関心は他のアイテムに比べて低くないでしょうか?
なんとなく流れで使っているだけの人や、そもそも乳液自体使わないという人も多かったりします。でも実は「乳液」って、保湿だけじゃなく、クレンジングや洗顔、それ以外にも様々な用途で使える超万能なアイテムなんです!!
今回は、私も日ごろから使用しているdプログラムの乳液を使って、乳液の活用法をご紹介したいと思います。

乳液でクレンジング


大人女子にとって、強いクレンジングはお肌の大敵。特に乾燥や肌荒れでお肌が弱っている時は、やさしい処方のクレンジングを使用したいですよね。そんな時は、ぜひ乳液でクレンジングしてみて下さい。
乳液でメイクが落ちるの?と疑問に思うかもしれませんが、乳液に含まれた油分がやさしくメイクをオフしてくれますので心配は要りません。ウォータープルーフのガッツリ系マスカラなどは、さすがに乳液だけでは落としきれない可能性もありますが、普通のメイクであればしっかり落とせますし、お肌の潤いも保ってくれます。

メイク直しには乳液+めんぼう

時間がたつとどうしてもパンダ目になってしまいますよね。そんな時に、上からファンデを重ねると余計汚くなってしまいますので、潔くパンダ部分のメイクをオフしましょう。その際、乳液を含ませためんぼうで軽くこすると、メイクを落としつつ保湿もできるので、化粧直しには最適です。
化粧ポーチにめんぼうと試供品で貰う乳液を携帯しておくと、本当に便利ですよ。

乳液+高SPF日焼け止め

SPF50以上の日焼け止めって、重すぎたり肌がギシギシするため、真夏の海やアウトドアでは活躍しますが、日常使いには適していませんよね。そのような日焼け止めは乳液と混ぜて使用しましょう。
混ぜる量は1:1が目安。こうして使えば肌への負担が激減しますので、高SPFにありがちな圧迫感や不快感を感じることなく使用できるのでオススメです。

乳液+リキッドファンデ

ちょっと色味の合わなくなったファンデや、単体だと乾燥してしまうファンデなどは、乳液とミックスして使用すると、色味も和らぎ、保湿効果も高まります。また、休日で軽いメイクがしたいときなども、乳液ミックスファンデがオススメ。ほんのり色づく程度ですので、メイクしてます感が出ずに肌のアラは隠してくれますよ。

乳液は本当に使えるアイテムなんです。この機会に是非乳液の良さを見直してみてはいかがでしょうか。

【参考】
資生堂 dプログラム トライアルセット

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

イトウウミ

健気に生きるOVER30。
読書・ファッション・美容・フレンチブルドッグが好き。
将来の夢は、ご長寿日本一になる事。