秋に向けて美肌ケアを!毛穴レス・角柱レス肌の作り方

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.09.01.Sat

陶器のように透き通った美肌の女子と出会うとハッとして、同性ながら見とれてしまうことはありませんか。芸能人でいうと綾瀬はるかさん、小雪さんなどがその代表格。
彼女らの肌に共通しているのは毛穴レス・角柱レスの滑らかな美しさ。見ているだけで伝わってくるしっとり艶感に憧れてしまいます。

さて、特に毛穴・角柱で私たちが気になるのは小鼻ではないでしょうか。この角柱こそポツポツ毛穴の正体ともいえるのもの。「小鼻の上のポツポツがずっと取れない」という悩みを聞くこともよくあります。
実は顔の他の部分と比べて鼻や鼻の周囲には、約7倍もの毛穴が存在しています。皮脂の分泌も増えて脂っぽくなり、毛穴が詰まりやすくなるのも当然といえば当然のこと。
さらに鼻は立体的なパーツ。そのためどうしても汚れが溜まりやすくなります。その汚れは皮脂と絡まって角栓を作り出す原因となります。

正しい毛穴レス肌の作り方

入浴時にたっぷり汗をかく、蒸しタオルを鼻に押し付けるなどして、毛穴を開くことからスタートしましょう。開かなくては出るものも出ません。時間があれば、濡らして絞ったタオルをレンジで1分ほど温めて、蒸しタオルにして顔に押し付けるのもオススメです。

それから洗顔を。このときは肌に優しい素材でできた、弱アルカリ性の石鹸などをふわふわに泡立てます。きめ細かい泡を作ることが大事です。気になる毛穴の汚れや黒ずみがあったとしても、決してゴシゴシ擦ったりしないように。肌は敏感にできています。

その後は冷水や氷などで毛穴を引き締めます。あまりにも毛穴が気になる場合、化粧水は毛穴を引き締める収れん効果のあるものを用いるようにして。毎日このようなケアをコツコツと続けていうと、自然と肌は改善されるハズ。

これはNG!

たまに「気になるから」「取り除きたいから」という理由で、目立ち始めた毛穴を絞ったり、指やピンセットを使って無理に取ろうとする人がいます。確かにスポッと角柱が取れるのは快感なのですが、実はこの行為をすることで、余計に角栓が溜まりやすい肌になってしまいます。

本来与える必要のない刺激を与えることで、皮脂がさらに分泌されやすくなり、結果的に悪循環を招きます。人気の「鼻専用パック」も刺激が強すぎたり、鼻周りの必要な角質まで剥がしてしまうため、決して良いものではありません。

日常の丁寧なケアが、毛穴レス・角柱レス肌へつながっています。新しい季節に向けて今から美肌つくりを始めましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子