体重をキープするために心掛けたい3つの習慣!

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク
宮野茉莉子

Written by:

2012.08.29.Wed

夏に向けてダイエットに励んだ方も多いでしょう。頑張って痩せても、実は体重をキープするのって物凄く難しいですよね。夏が終わったと気が抜けたり、飲み会が続いたり、食生活が乱れれば、アッという間にリバウンドしてしまいます。
また一から痩せるのは、とーっても大変。できれば今の状態をキープしたい、という女子のために、体重キープの方法をご紹介します。

痩せ習慣を作る

1日に1つで良いので、痩せ習慣を作りましょう。例えば以下の通り。

  • 朝食はフルーツ+ヨーグルトやグリーンスムージーなど、痩せメニューにする
  • 夜9時以降は食べない
  • ご飯を食べる順序を決める(野菜から食べ、炭水化物は最後など)
  • 極力階段を使う
  • ラジオ体操をする

無理せずできることを決めて下さい。

ポイントは、「習慣化」すること。体重をキープしようとする意識が持続します。「やらないと気持ち悪い」ぐらいまで習慣化できればベスト。
今の体重が自分のベスト体重となり、太りたくないという気持ちが高まるでしょう。毎日続ければで太る行為をしても、すぐにリバウンドすることはありません。

プラマイゼロを心掛ける

飲み会や女子会が続くと、どうしても太ってしまいますよね。かと言って楽しい会なのに、自分だけ飲み食いしない状況は避けたいもの。飲み会が続いたら、翌日は軽めの食事をする、運動をするなどして、「プラマイゼロ」になるようにコントロールしましょう。
人は一週間のトータルの生活で体重の増減が決まると言われています。一週間で勘案し、コントロールしてくださいね。

精神状態をコントロールする

体重の増減って、実は精神状態に左右されることが多いんです。ストレスを暴飲暴食で発散したり、逆に失恋して激痩せしたという経験がある人も多いのでは?
できれば精神状態が乱れない生活を送るのがベスト。それでも精神状態は外部の影響が大きいものですよね。例えば以下の方法で、精神状態をコントロールしましょう。

  • やりたいことをやるなどして、ストレスを感じる行動を避ける
  • ストレスを感じる状況や条件を把握し、ストレスを感じている自分を客観的に見る癖を付ける
  • 食と酒以外のストレス発散を考える

ストレスとうまく付き合うのも、体重をキープするには大切なことなんです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

宮野茉莉子

84年生まれの哲学ライター。東京女子大学哲学科卒業。野村證券を退職後、2011年よりライターへ。主に生き方や働き方について、哲学を交えた本質を探る記事を執筆。他、子育て、夫婦、FPとしてマネーなど、6媒体で執筆中。愛雑誌は『PRESIDENT』。現在一男児子育て中。
Facebook→https://www.facebook.com/miyano0928
blog→http://blog.livedoor.jp/miyano0928/