美は和食から作られる!毎日摂りたい食材まとめ

  • f Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • B!はてなブックマーク

2012.08.03.Fri

お米、魚、大豆……日本人が昔から食べてきた和食には、キレイになるための栄養素がたっぷり。美しい人たちに聞いてみると、和食を大事にしている人が多いのにも納得。毎日のごはんを見直してみませんか。

1、お米

「炭水化物は太るから」という理由でお米を食べないのはよくありません。お米には良質な糖分が含まれていて、身体の冷えを防ぐ効果が。また内臓の働きを活発にしてくれるので、消化促進にもつながります。他にもアミノ酸や油など美容に必要な成分が、身体により吸収されやすくなります。
白米に抵抗のある人は玄米や雑穀を混ぜて食べるなど、工夫してみたいところ。

2、納豆

独特のにおいやネバネバ感から、人によって好き嫌いが分かれる納豆。しかし、カルシウム、鉄分、カリウム、各種ビタミンの他、タンパク質は納豆100g中になんと16~17%もあり、栄養素が驚くほど豊富!
さらに他の大豆食品にはない成分「ナットウキナーゼ」が、血液の詰まりをなくしてくれ、肥満や老化、生活習慣病の防止につながります。超美容食材のひとつ。

3、味噌

大豆を使った栄養価の高い食品の中でも、トップクラスに素晴らしい食材ともいえる味噌。大豆や麹、塩などを混ぜて発酵させて作られており、ビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。
おなじみの食べ方は味噌汁ですが、調味料として生で使うと生きた乳酸菌を摂取できるので、便秘解消効果も。腸内環境を整え美肌にしてくれる食材の代表格です。

4、麹

麹と聞くと、近年人気の「塩麹」を思い浮かべる人も多いでしょう。その麹はお米などの穀類を蒸した後、麹菌を繁殖させてできたもの。
乳酸菌が豊富に含まれているので、アンチエイジングに効果があるといわれています。食材を和えたり漬け込んだりすれば、うま味成分が増加するだけでなく、身体を温めてくれる効果も。美白効果やデトックス効果もある最強食材です。

5、梅干し

すっぱい食材の代表格ともいえる梅干し。酸味の素であるクエン酸が、実は梅干しの持つ美の秘密です。疲労の原因となる乳酸を燃焼させてくれるので、疲労回復に効果があるだけでなく、糖分の吸収を抑えて血糖値の上昇を緩やかにしてくれる効果も。ダイエットの強い味方です。またミネラルも豊富に含まれているため、美肌作りにも役立ってくれます。

どれも身近な食材ばかり。日々の食卓に欠かさず取り入れてみてはいかが?

ライター:池田園子

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Googirlの最新記事をお届けします

記事を書いたのはこの人

Written by

池田 園子(いけだ そのこ)

岡山県出身。中央大学法学部卒業後、楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは女性の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。結婚・離婚を一度経験。11月14日に『はたらく人の結婚しない生き方』を発売。
写真撮影ご協力:青山エリュシオンハウス 撮影者:福谷 真理子